【北海道】余市ビール:「カミフホップ サワマチエール」を缶で飲んでみました~

余市ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道余市郡余市にある『Yoichi Beer(余市ビール/41ビール)』さんから「Kamifu Hop(カミフホップ)×サワマチエール」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Irifune Hazy IPA(イリフネヘイジーIPA)』のヘイジーIPAでしたが、今回上富良野産のホップを使ったペールエール。さて、どんな感じでしょうか😄

余市ビール(カミフホップ×サワマチエールA)_イメージ01

『Yoichi Beer(余市ビール/41ビール)』Kamifu Hop(カミフホップ)×サワマチエール 詳細

ビール名:Kamifu Hop(カミフホップ)×サワマチエール
ブルワリー名:Yoichi Beer(余市ビール/41ビール)
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:7.0%
IBU:35
URL:Yoichi Beer(余市ビール/41ビール)
facebook:Yoichi Beer(余市ビール/41ビール)

コチラがその「Kamifu Hop(カミフホップ)×サワマチエール」のビール画像です。

余市ビール(カミフホップ×サワマチエール)_缶01
余市ビール(カミフホップ×サワマチエール)_缶02

「Kamifu Hop(カミフホップ)×サワマチエール」飲み応えレビュー

見た目は、透け感が少しある濃いめのブラウン系という感じでしょうか
香りは、クセや嫌味がなく優しくやや華やかさを感じるホップ感
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌奥で微残るという感じ。また求めてる甘さはない。そしてちょいグラッシーさを感じるホップフレーバーから、ちょいフレッシュさも感じるかな。飲み後に微甘さと程よい苦味にクセ感のない控えめなホップの余韻。ボディはライトでコクや深みが物足りないものの、飲みやすさがあり最近の3種の中では好みは方のビールでした😅

優しく控えめな上富良野産ホップ

この「Kamifu Hop(カミフホップ)×サワマチエール」ですが、定番の『Sawamachi ale(サワマチエール)』に北海道は上富良野産ホップ(種類わからず)を使いアルコール度数を7.0%に上げ、その他特に変わった原材料は使わず醸造されたシンプルなペールエールですね。因みに以前ご紹介した『Chardonnay Farm House Ale(シャルドネファームハウスエール)』と冒頭にリンクした『Irifune Hazy IPA(イリフネヘイジーIPA)』、そして今回のビールが3種同時に並んでいたのでまとめて購入しました。その中では今回のペールエールが断トツで好みかな😅。感じ方は人それぞれですが、その他2種は国内で飲ませて頂いたセゾン感やヘイジー感とはかなり異なるビアスタイルな感じだったのに対して、ことこのペールエールは上富良野産ホップで国産の嫌なクセ等がなくフレッシュさも感じれ飲みやすかったのが好ポイント✨。是非1度は樽(ドラフト)で飲んでみたいものですが…道内なら可能性はあれど、関東側では中々飲めないだろうなぁ~?😅。ちょっと今度は期間を空けて、改めてヘイジーだけ飲んでみたいと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、北海道余市郡余市にある『Yoichi Beer(余市ビール/41ビール)』さんから「Kamifu Hop(カミフホップ)×サワマチエール」をご紹介しました。優しく飲みやすいペールエール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る