【北海道】余市ビール:「サワマチエール」を缶で飲んでみました~

余市ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログでは初登場ですね。北海道余市郡余市にある『Yoichi Beer(余市ビール)』さんから「Sawamachi ale(サワマチエール)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。先日、コチラも新規ブルワリーの『TRANS BREWING(トランスブリューイング)』を飲ませてもらいましたが北海道もどんどんブルワリー産が増えてますね~✨。大変なご時世ですが、クラフトビール業界を盛り上げるべく、頑張って欲しいですね~😄

余市ビール(トップ)_イメージ01

『Yoichi Beer(余市ビール)』Sawamachi ale(サワマチエール) 詳細

ビール名:Sawamachi ale(サワマチエール)
ブルワリー名:Yoichi Beer(余市ビール
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:6.0%
IBU:36
URL:Yoichi Beer(余市ビール)
facebook:Yoichi Beer(余市ビール)

コチラがその「Sawamachi ale(サワマチエール)」のビール画像です。

余市ビール(サワマチエール)_缶01
余市ビール(サワマチエール)_缶02

Sawamachi ale(サワマチエール)」 飲み応えレビュー

見た目は、泡立ちがかなり良くクリアめな琥珀色という感じでしょうか
香りは、少しウイスキーっぽいのは気の所為か!?
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性もそこまでないかな。また求めてる甘さはない。そしてホップフレーバーがかなり弱めで、薄く水っぽく感じるのだがコレが不思議と薄く水っぽくいかないセルツァーをも感じさせる絶妙なラインだが特徴が掴みづらい。飲み後には甘さがなく、苦味もほぼ残らずで奥深さも含めてもうもう一押し欲しいところ。ボディはライトでスイスイ系だが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

昨年、余市にできた新規ブルワリーさんが4種類リリース

この「Sawamachi ale(サワマチエール)」ですが、2020年の10月下旬に醸造免許を取得した新規ブルワリーさんですね。今回の缶はファーストバッチを詰められた様ですので、飲める事がラッキーなビアっぷる。そのファーストには、

余市ビール(トップ)_イメージ02

・Shiripa IPA(シリパIPA)/IPA
・Nobori farm house Ale(ノボリファームハウスエール)/セゾン
・Fugoppe stout(フゴッペスタウト)/スタウト
・Sawamachi Ale(サワマチエール)/アメリカンペールエール
備考:“/”後はビアスタイルです

の4種類で公式サイトに詳細があるので、是非見て下さいね~✨。

ビール?…より、ハードセルツァー!?

その中で今回は唯一販売されてたアメリカンペールエールを飲ませて頂きました。ホップは種類はわからないが柑橘系を齎すホップを使われ、原材料には“麦芽90%使用”しかラベルに記載がないという珍しいパターンも、ビアスタイルはアメリカンIPAを醸造されてます。また、公式サイトに『ホップによる柑橘系の香りが特徴』との事だが…温度が上がり少しエグみや苦さもちょっと出てきたが…そもそも柑橘系どころかペールエールっぽさと共にホップ感がほとんど掻き消されてる印象で、樽(ドラフト)だとまた違うかもしれないが今回の“缶”では残念ながら感じれなかったな🤔。ただ、ここからはビアっぷる的主観ですが…アメリカンペールエール自体が苦手なビアっぷるだが不思議な事に良い意味で、ビールというよりは“ハードセルツァー”寄りに感じれたのは、ビアっぷるだけでしょうか!?。水っぽいけど水っぽくないし、絶妙なラインが飲みやすと共に案外嫌ではなかったんですよね😅。まだ新規ブルワリーさんですし。これからどんどん醸造されて当然ながら技術UPされるはず。今後は特にバレル系に期待しつつ機会があればまた飲みたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、北海道余市郡余市にある『Yoichi Beer(余市ビール)』さんから「Sawamachi ale(サワマチエール)」をご紹介しました。中々飲めない🍺かもしれませんが、ペールエールは面白い感じでした。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る