【大阪】上方麦酒:「かけ湯レモン」を樽で飲んでみました~

kamigata beer(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場となるブルワリーさんですね。大阪府は大阪市にある『上方麦酒(かみがたびーる)』さんから「かけ湯レモン」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回が初飲みだった『台湾パインエール』でしたが、今回は少し期間が空き今回はフルーツビールとの事でどんな感じでしょうか😄

上方麦酒(かけ湯レモン_イメージ01

『上方麦酒(かみがたびーる)』かけ湯レモン 詳細

ビール名:かけ湯レモン
ブルワリー名:上方麦酒(かみがたびーる)
ビアスタイル:フルーツビール
アルコール度数:5.0%
IBU:17.5
URL:上方麦酒(かみがたびーる)
facebook:上方麦酒(かみがたびーる)

こちらが、「かけ湯レモン」のビール画像です。

上方麦酒(かけ湯レモン)_01

「かけ湯レモン」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁の明るめな山吹色という感じでしょうか
香りは、かなり控えめでレモン?という感じの柑橘さ
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性はほとんどないかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘さを感じるホップフレーバーに薄めなレモン感でかなり弱め。飲み後には甘さがなくエグみっぽさがジワジワも優しく残るかな。ボディはライトでスッキリさをやや感じるものの薄めで飲み応えが物足りない。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

国産レモンを贅沢使って期待度UP

この「かけ湯レモン」ですが、ホップの種類は公式サイトにも記載がなくわからず。またその他原材料には、国産のレモンの皮のみを贅沢に使い『小麦をベースにしたビール』で醸造されたフルーツビールとの事。ビールコメントにあるよもやの小麦をベースにしたビールとの事ですが…ビアっぷるの舌がおかしいのか、小麦感はピンとこず😵。また、レモンの皮の存在もあるが…良い意味で贅沢にも国産のレモンの皮を使われたとの事。ビアっぷるが勝手に特徴と思っていた、“エグみ”と“香り”を期待していましたが“エグみ”に関しては、優しくは程よい感じで飲み後に感じれたかな。ただ、“香り”は小麦をベースにされてるせいか?、かなり弱くなっててすっきりなレモン風味というより複雑なレモン風味で勿体ない印象。好みは人それぞれだが、基本リアルレモンの皮ってチューハイ等には適してると思ってるが、ビールで今のところ良い印象がない。多分、合わないではなくそれだけリアルレモンの皮を使ったビールは難しいんだろうなぁ~?という反面、今度こそ好みなレモンの皮ビールかも!?と思って、また機会があれば色々なブルワリーさんのをトライしたいとも思ってるビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は、大阪府は大阪市にある『上方麦酒(かみがたびーる)』さんから「かけ湯レモン」をご紹介しました。薄く感じたがレモンのエグみは感じれるビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る