【石川】ブルークラシック:「ハリコマチフリーダム」を樽で飲んでみました~

ブルークラシック(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場の新規マイクロブルワリーさんですね。石川県は金沢市にある「Brew Classic(ブルークラシック)」さんより、「Harikomachi Freedom(ハリコマチフリーダム)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。独特なタッチの絵が気になってるるビアっぷるですが、初飲みがIPA…好み的に紙一重な気もしつつどんな感じでしょうか😅

ブルークラシック(ハリコマチフリーダム)_イメージ01

『Brew Classic(ブルークラシック)』Harikomachi Freedom(ハリコマチフリーダム)

ビール名:Harikomachi Freedom(ハリコマチフリーダム)
ブルワリー名:Brew Classic(ブルークラシック)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:6.5%
IBU:60
URL:Brew Classic(ブルークラシック)
facebook:Brew Classic(ブルークラシック)

それでは「Harikomachi Freedom(ハリコマチフリーダム)」のビール画像はコチラです。

ブルークラシック(ハリコマチフリーダム)_01

「Harikomachi Freedom(ハリコマチフリーダム)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのあるブラウン系
香りは、酵母由来か?独特なフルーティーさあり
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性も舌奥残る。また求めてる甘さはない。そして柑橘の控えめなホップ感から、酵母感にモルトの甘さも合わさり独特さのある風味。飲み後には独特に感じてしまう甘さと、ホップのホロ苦さがジワジワ。ボディはライトで飲み応えはあるがIPAという感じがあまり印象に残らず。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

独自の酵母感が気になる…

この「Harikomachi Freedom(ハリコマチフリーダム)」ですが、先ずはブルワリーさんの紹介を簡単に。金沢県は石川市の金沢空港近くに新たにできたマイクロブルワリーさん。2021年の12月に発泡酒免許交付されており、早くも缶までリリースされてるというのは驚きです。そして気になるヘッドブルワーさんは、醸造歴30年以上のベテランの方ですが、名前を見て確かストレンジブルーイングさんや金澤ブルワリーさんでも醸造を経験され、“独自で培養された酵母”を使って醸造されてる方だったかな?という記憶が。ええ、相違があれば本当に申し訳ございません😅。そんな中今回のビールは初飲みでしたが、ホップはモトゥエカとシトラの2種類の様で、その他原材料はモルトに酵母という感じだが…いかんせん今回使用されてる酵母が独特。感じ方や好みは人それぞれですが、ビアスタイルであるIPAだが吹っ飛んでしまうほど、フルーティーで独特な酵母感が気になっり好みとは相反する感じでした😵。まだ醸造開始したばかりですし、これだけのキャリアの方のビール🍺。既に仕込み中の『ウラドラゴンセクシーヘイズ』というヘイジーIPAが気になるが、是非機会があれば樽(ドラフト)で飲ませて頂こうと思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は石川県は金沢市にある「Brew Classic(ブルークラシック)」さんより、「Harikomachi Freedom(ハリコマチフリーダム)」を紹介しました。ベテランのヘッドブルワーさんのビール🍺。是非皆さんも機会あれば飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る