【石川】ブルークラシック:「ウラタイガービバヘイズ」を樽で飲んでみました~

ブルークラシック(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、石川県は金沢市にある『Brew Classic(ブルークラシック)』さんより定番ビールとなる、「Uratiger Viva Haze(ウラタイガービバヘイズ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『UraDragon Sexy Haze(ウラドラゴンセクシーヘイズ)』でしたが、今回の待望のヘイジーIPA。さて、どんな感じでしょうか😄

ブルークラシック(ウラタイガービバヘイズ)_イメージ01

『Brew Classic(ブルークラシック)』Uratiger Viva Haze(ウラタイガービバヘイズ) 詳細

ビール名:Uratiger Viva Haze(ウラタイガービバヘイズ)
ブルワリー名:Brew Classic(ブルークラシック)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Brew Classic(ブルークラシック)
facebook:Brew Classic(ブルークラシック)

それでは「UraDragon Sexy Haze(ウラドラゴンセクシーヘイズ)」のビール画像はコチラです。

ブルークラシック(ウラタイガービバヘイズ)_01

「Uratiger Viva Haze(ウラタイガービバヘイズ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りがあり光加減だがブラウン寄りなちょい黄色という感じ
香りは、柑橘さだけが突出した感じかな
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまでなし。また求めてる甘さはない。そしてマンゴーっぽさと柑橘さのホップ感からちょいフルーティーさを感じつつも、ジューシーさは感じにくい。飲み後には甘さがなく苦味は優しめでジワジワで温度が上昇と共に柑橘さがUP。ただ…ボディはミディアムで、何故だか不思議と“地ビール”っぽい余韻が残るのは気の所為か?。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

見た目がクリアーから濁りのある黄色寄りへ

この「Uratiger Viva Haze(ウラタイガービバヘイズ)」ですが、ホップはモザイクとモザイククライオ、そしてシトラの3種類。その他原材料にはロンドン由来の酵母というYS-06の酵母、そしてオーツ麦等を使い醸造されたヘイジーIPAですね。因みにブルークラシックさんのヘイジーIPAは、冒頭記載の『UraDragon Sexy Haze(ウラドラゴンセクシーヘイズ)』に続き2種類目🍺。画像を見ての通り、前回のクリアーから明らかに濁りも出て色味もブラウンが残りつつも、ちょい黄色寄りなヘイジー感が出てるのは好印象✨。ただ、感じ方は人それぞれですが…表現が非常に難しうも前回感じなかった飲み後に“今風ではない地ビール”っぽさを感じたのは摩訶不思議😵。因みにビアっぷるがヘイジーに求めている濃さはなく、ライトでクセ感もなくサラリと飲むスッキリ系ヘイジーIPAという印象を持ったビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は石川県は金沢市にある『Brew Classic(ブルークラシック)』さんより「Uratiger Viva Haze(ウラタイガービバヘイズ)」を紹介しました。スッキリ系ヘイジーを好む方には合いそうな🍺。皆さんも機会あれば飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る