【大阪】マルカブルーイング:公開仕込醸造「DASHI ALE(だしエール)」を樽で飲んでみました~

Marca Brewing(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は大阪の『Marca Brewing(マルカブルーイング)』さんより“第6回公開仕込”』にて醸造された「DASHI ALE(だしエール)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。はい、日本料理などに使う『出汁』ですね…って、果たしてどんな味になってるか気になりますが、マルカさんなら不安というよりも楽しみが上回り期待をしてるビアっぷるです^^;

Marca Brewing(マップ)_イメージ01NEW

『Marca Brewing(マルカブルーイング)』DASHI ALE(ダシエール) 詳細

ビール名:DASHI ALE(だしエール)
ブルワリー名:Marca Brewing(マルカブルーイング)
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:5.0%
URL:Marca Brewing(マルカブルーイング)
facebook:Marca Brewing(マルカブルーイング)

こちらが「DASHI ALE(だしエール)」のビール画像です。

MARCA(DASHI ALE)

「DASHI ALE(ダシエール)」飲み応えレビュー

見た目は、DASHIと言われてるだけにこの中に鰹節や昆布が…と、出汁色にみえてますねwww
香りは…まさに『出汁』そのもので正直びっくりですよー(@_@)
飲み口は、『関西風の出汁』という感じで原材料は『昆布・鰹節・薄口醤油』を使われて、中でも鰹節さが一番強く感じました。が、不思議と本当に出汁のビールを飲んでるみたい!!。で、ややスモーク香を感じたかな。正直ビアっぷるは好みではなかったが『どんな材料を使っても私の手にかかれば!』と言った言葉が聞こえそうな、素晴らしいバランスの取れたビール。ボディはライトで飲みやすさは感じれる。きっとMARCAさんだからこそこの味に仕上げられたと思うビールでした。

いやはや、鰹節や昆布を…

しかし、出汁を使ってビールを醸造する発想がちょっと恐ろしいですねwww。今回は『第6回目の公開仕込み』という事でこのビールを仕込んでますが、既に『第7回公開仕込み』が8月18日(土)に別ビールが醸造されています。その醸造ビールは『ラズベリーシェイクIPA』という事で、醸造にはあまり興味がなく映像は見ないので恐縮ですが、是非飲んでみたい限定醸造ビールですね!更に、facebookを見てたらビアっぷるが苦手と思われるトマトを使った『TOMATO ALE』が新作として出荷されてる様です。アルコール度数が4%と低めだが、IBUが25とトマトに苦味が程よく加わるという事か…(-_-;)。これはいくらビアっぷるが毎度信頼しているMARCAさんでもTOMATOを170㎏も使ったというビールはさすがにトマトトマトしてるよはず…うーん、これ以上はツッコむのはやめますwww

はい、そんなこんなで今回は『Marca Brewing(マルカブルーイング)』から公開仕込で醸造された「DASHI ALE(だしエール)」を紹介しました。なかなかインパクトの強いビール名ではありますが…出汁です。が、ご安心ください…ビールです。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る