忽布古丹醸造×ファーイーストブルーイング:「おとめさわー」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は富良野市にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんと、山梨県は北都留郡にある『Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)』さんとのコラボビール「Otome Sour(おとめサワー)」を樽(ドラフト)で飲めましたのでご紹介したいと思います。今回、ファーイーストさん側から2022年3月に『Far Yeast パイカラサワーIPL』がリリース。それに続き2度目のコラボビールのリリースの様です。さて、どんな感じでしょうか😄

『忽布古丹醸造(ホップコタン)×Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)』Otome Sour(おとめサワー) 詳細

ビール名:Otome Sour(おとめサワー)
ブルワリー名:忽布古丹醸造×ファーイーストブルーイング
ビアスタイル:インペリアル梅ゴーゼ
アルコール度数:7.0%
IBU:16
facebook:忽布古丹醸造(ホップコタン)
facebook:Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)

コチラがその「Otome Sour(おとめサワー)」のビール画像です。

忽布古丹醸造×ファーイーストブルーイング(おとめサワー)_01

「Otome Sour(おとめサワー)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある明るめな山吹色という感じ
香りは、優しく梅の爽やかさを感じれる
飲み口は、ホップの苦味はやや控えめで持続性はなし。また求めてる甘さはなし。そしてホップ感がピンと来なかったが、共に控えめな梅と酸味感。飲み後には甘さがなくややドライ気味。また意外にも塩分が感じにくく、エグみっぽさがジワリと残るのは気になったかな。ボディはライトでスイスイ系だが、やや水っぽくも感じて残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

“塩分”を感じるか!?

この「Otome Sour(おとめサワー)」ですが、ファーイーストさんがホップコタンさんへ趣いて対面・対話で醸造されたコラボビール。テーマは『酸っぱい』だそうです。ビール詳細は、ホップの種類はわからず。その他原材料には山梨県小菅村産の梅を100キロ使い、紫蘇に糖類と食塩、更に酸味料も加え醸造されたインペリアルゴーゼとの事。素直に感じたのは、『梅・サワー感は感じれるが、塩分・酸味は控えめで水っぽさを感じる』という印象。ただ、このビール🍺+ビア仲間複数人のおかげで改めて感じた事が。極少数の意見で恐縮だが、信頼あるビア仲間の感想です。
・塩味が強め派×2人
・塩分もあるが酸味の方が強め派×1人

ええ、まさかでよもやの塩分を感じないは1人もいませんでした…しかも『塩っぱいまである』という言葉まで出てきた。人の舌は十人十色で理解してるし、改めて人の舌は面白いなと思ったが…3人中3人が塩分を😵。因みにビアブレインさんのキューカンバーゴーゼ『DIGNITY(ディグニティー)/5.5%』では、塩分の良さやバランスをしっかり感じれたのに…摩訶不思議。因みに塩に対しては海塩好きで濃度まで求めるビアっぷる。今回の塩の種類はわからないが、種類なのか?醸造技術なのか?それともビアスタイルの違いなのか?。何れにせよビアっぷるの舌はやっぱり“特殊!?”…と思われるんだろうなぁ~と実感させられたビール🍺でした😅

はい、という事で今回は『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんと『Far Yeast Brewing(ファーイーストブルーイング)』のコラボビール、「Otome Sour(おとめサワー)」を紹介しました。皆さんが特に塩分をどう感じれれるか興味津々なビール🍺。もし機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る