箕面ビール×ヨロッコビール:「コンパス」をボトルで飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、大阪府は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんと、神奈川県は鎌倉市にある『Yorocco Beer(ヨロッコビール)』さんとのコラボビール「KOMPAS(コンパス)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。昨年に同コラボの『Plumbon Saison(プラムボンセゾン)』を飲ませて頂いた以来かな?。さて、再度セゾンとの事で今回はどんな感じでしょうか😄

『MINOH BEER(箕面ビール)×Yorocco Beer(ヨロッコビール)』KOMPAS(コンパス) 詳細

ビール名:KOMPAS(コンパス)
ブルワリー名:箕面ビール×ヨロッコビール
ビアスタイル:セゾン
アルコール度数:5.0%
IBU:20
URL:Yorocco Beer(ヨロッコビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「KOMPAS(コンパス)」のビール画像です。

箕面ビール×ヨロッコビール(コンパス/2022)_ボトル01
箕面ビール×ヨロッコビール(コンパス/2022)_ボトル02

「KOMPAS(コンパス)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめな山吹色という感じ
香りは、優しいフルーティーさとセゾン香?がやや
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性は喉奥で微残る程度。また求めてる甘さはない。そして桃っぽさを感じるフレーバーから後に酸味が感じれないすももさがふわっと。飲み後には甘さがなくホップの柔らかい苦味、余韻で薄めな桃ネクターっぽさを感じる。ボディはライトでスイスイ飲める感じだが、全体的にすもも感が弱めで飲み応えも物足りず。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

すもも量が大幅?UPも…

この「KOMPAS(コンパス)」ですが、箕面さんとヨロッコさんにて今回で4度目のコラボ。ビアっぷるは冒頭でお伝えした昨年から飲ませて頂いてますが、今回は箕面さんで仕込まれたビールとの事でボトルでリリース。そのビールは、ホップはわからず。酵母はセゾン酵母を使用し、その他原材料には桃ヴァイツェンでお馴染み八旗農園さんのフレッシュなすももを250kg使用で醸造されたセゾンとの事。前回のプランボンから更にすももを増量し、モルトの配合を少し変えた様です。ええ、感じ方は人それぞれで且つ敢えてその様に醸造されてるのかもしれないが、“濃い”ビールを求めてるビアっぷるには申し訳ないが共にまだまだ物足りない印象でした😅。そして今回のすももは“甘酢っぱさ”が弱めなのかな?と思うほど、甘さと酸味がほぼ消えてる印象を受けました。逆に、優しいすもも+セゾン感を求めてる方には非常に飲みやすいのでピッタリではないでしょうか😄。何せあの箕面さんとヨロッコさんのスーパーなコラボビール🍺✨。どこか樽(ドラフト)で飲めるならば、違いを感じつつ再度飲ませて頂きたいなぁ~と思うビアっぷるでした😄 

はい、という事で今回は『MINOH BEER(箕面ビール)』さんと『Yorocco Beer(ヨロッコビール)』さんのコラボビール、「KOMPAS(コンパス)」を紹介しました。優しいすももとセゾン香のビール🍺。皆さんももし機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る