大分県大分市の『Yell&Ale Brewery(エールアンドエールブルワリー)』から「府内町エール」と「豊乃国ゴールド」を樽で飲んでみました~

エールアンドエールロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

ちょっと夏休みという事もあり九州の方へ旅行に行きました。
関東ではなかなか飲めないビールを樽で飲めましたのでご紹介したいと思います。
大分県大分市にある『Yell&Ale Brewery(エールアンドエールブルワリー)』より
「帰ってきた!!府内町エール(ふないちょうエール)」と、
「豊の国ゴールド」です。2018年の3月にできた新規ブルワリーさんですね。

ブルワリー名:Yell&Ale Brewery(エールアンドエールブルワリー)
ブルーパブ:Abe Bond(エービーイーボンド)
住所:大分県大分市府内町1-5-1-103
URL:Abe Bond(エービーイーボンド)
facebook:Yell&Ale Brewery(エールアンドエールブルワリー)
※詳細は公式サイトで御確認くださいませ

今回、ビアっぷるがお伺いしたい際の自社醸造ビールは、
・帰ってきた!!府内町エール(ペールエール)
・豊乃国ゴールド(ゴールデンエール)
・ギャランドゥIPA(IPA)
・いいじゃん!!ホワイト(ホワイトエール)
・IDOBATA IPA(IPA)
・冷コー アンバー(コーヒーアンバー)
この6種類がありました。
もちろん全て頂きましたが残り4種類は後日紹介するとして、
今回は「帰ってきた!!府内町ビール」と「豊乃国ゴールド」を紹介します。

ビール名:帰ってきた!!府内町エール(ふないちょうエール)
スタイル:ペールエール
アルコール度数:6.8%
こちらが「帰ってきた!!府内町エール」のビール画像です。

見た目はペールエールって感じでやや茶褐色ですね。
香りは微かにホップを感じる程度でほとんどない。
飲み口は、やや苦みを抑えられた感じで甘味をほのかに感じる。
苦いペールエールってより初心者の方でも飲みやすいペールエール。
因みにビール名の『府内町』は中心街の地名の様ですね(◎_◎)
このビールに関してはまだ醸造して間もない感じと思える造りでビアっぷるは好みではないかな^^;

そして、こちらが、
ビール名:豊乃国ゴールド
スタイル:ゴールデンエール
アルコール度数:6.0%
こちらが「豊乃国ゴールド」のビール画像です。

見た目はゴールデンエールらしくないペールエールな感じの色。
香りはやや酸味を感じるのは意外。
飲み口はドライでスッキリな感じで苦味がビアっぷるには強め。
甘味がないので苦みが増すがビア仲間は好み!と絶賛してましたがビアっぷるは苦味が強いので好みではないかな^^;

はい、このYell&Ale Brewery(エールアンドエールブルワリー)さんですが、
今年できたブルワリーさんで2018年3月20日に醸造免許が交付されたそうです。
また、ブルーパブとして『Abe Bond(エービーイーボンド)』にてビールを提供してます。
店主兼ブルーマスターは非常に謙虚で気さくな方でお話がしやすい方でした。
また、変わってるなと思ったのはもちろん値段は変わりますがUKパイントとUSパイントの両方を提供しているという点。
だいたい、パイントはどちらかというところが大半ですからいざ注文となるとUSかUKか迷ったビアっぷるがいました(^^;)

あ、その他ブルワリーさんのビールは城山ブルワリーさんに箕面ビールさん、
志賀高原ビールさんとベアードさん等が繋がるというお話は聞けました。
まだ新しいブルワリーさんでこれからという感じですが今後が楽しみなブルワリーさんですね!
はい、その他にも色々とお話を聞かせて頂きましたがネタは小出しにしますwww
いかんせん後4種類のビールの紹介がありますからね^^

しかし、大分県にビアバーというのがほとんどなかった…調べて出たのがこの「Yell&Ale Brewery(エールアンドエールブルワリー)」さん。
醸造を始めてまだ間もないのですが修行先から今後が楽しみなブルワリーさんまた、機会があれば飲みいきたいですね。

はい、修行先は次回という事で『Yell&Ale Brewery(エールアンドエールブルワリー)』から「府内町エール」と、
「豊乃国ゴールド」を今回は紹介しました。
近隣の方など機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『AOI BR…
  2. ノムクラフト(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcr…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る