【静岡】ウエストコーストブルーイング:「エスケープ」を樽で飲んでみました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより「Escape(エスケープ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Backyard Legend(バックヤードレジェンド)』でしたが、今回はサワースタイルとの事で楽しみ✨。さて、どんな感じでしょうか😄 

ウエストコーストブルーイング(エスケープ)_webフライヤー01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』Escape(エスケープ) 詳細

ビール名:Escape(エスケープ)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:ピニャコラーダサワー
アルコール度数:6.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「Escape(エスケープ)」のビール画像です

ウエストコーストブルーイング(エスケープ)_01

「Escape(エスケープ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめなベージュ黄色という感じでしょうか
香りは、優しいココナッツさと程よい酸味感
飲み口は、ホップの苦味はほぼ感じれないが持続性は舌奥で微あるかな。また求めてる甘さはない。そして穏やかで甘やかなココナッツ感からパイナップルの酸味、その後にサワー感の酸味が後追い。ジューシーさを控えめに感じつつ、飲み後には甘さはなく感じるが、ココナッツの余韻が甘やかさを演出してる印象。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすくベース感は好みだが、残念ながら物足りない甘さもありビアっぷるの好みには至りませんでした💦

この“ベース感”が興味津々

この「Escape(エスケープ)」ですが、ホップは記載がなく種類までわからず。また、その他原材料には小麦やオーツ麦を使い、パイナップル果汁とココナッツミルク、ラクトースによもやの“酸味料”を加えて醸造されたピニャコラーダサワーとの事。因みにカクテルにあるピニャ・コラーダをビールに寄せて醸造してみたという感じかな?。ええ、ビアっぷるはそのカクテルを飲んだ事がないのだが、ヨーグルトっぽい色味だったのは最近知った😅。そんな中、ピニャコラーダの特徴の1つであろうココナッツの絶妙さがビアっぷるには好ポイント✨。反面、我儘を言えば大人な甘さ+サワー感の酸味がもう少しUPしたら好みに近づいたかなという印象を受けた。それでも凄く気になったのがサワーのベース感。単に醸造の仕方を変えた?、それとも原材料でなのか?と、今までのWCBさんとはやや違う印象のベース感。サービング直後から温度上昇とじっくりてベースを感じてみたのだが、今回のベースは好みで“奥深く広がる”と言えばいいのかな😅。言葉では難しいのだが、この感じのベース感で新たなビールをでリリースして欲しいなぁ~✨と、勝手に願っているビアっぷるでした😍

はい、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんより「Escape(エスケープ)」をご紹介しました。優しいココナッツさが印象的なサワーエール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る