【北海道】ストリートライトブルーイング:「オッドアイ」を樽で飲んでみました~

ストリートライトブルーイング(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場のブルワリーさんです。北海道は札幌市にある『Streetlight Brewing(ストリートライトブルーイング)』さんから「Odd Eye(オッドアイ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。今回初飲みがヘイジーでもなく、レッドエールというのが気になるところですが…ビールのベースも気になります。さて、どんな感じでしょうか😄

ストリートライトブルーイング(オッドアイ)_イメージ01

『Streetlight Brewing(ストリートライトブルーイング)』Odd Eye(オッドアイ) 詳細

ビール名:Odd Eye(オッドアイ)
ブルワリー名:Streetlight Brewing(ストリートライトブルーイング)
ビアスタイル:ドライホップドレッドエール
アルコール度数:4.0%
IBU:???
facebook:Streetlight Brewing(ストリートライトブルーイング)

「Odd Eye(オッドアイ)」飲み応えレビュー

こちらが「Odd Eye(オッドアイ)」のビール画像です。

ストリートライトブルーイング(オッドアイ)_01

見た目は、クリアさもある濃い目なブラウン寄りな赤褐色
香りは、柑橘っぽさに微フラワリーっぽさがあり!?
飲み口は、ホップ苦味は控えめで持続性は舌中で微残るかな。また求めてる甘さはない。そして柑橘さのあるホップフレーバーでジューシーさは物足りず。飲み後には甘さがなく、ややドライ気味でホロ苦さと余韻にフラワリーさ。ボディはライトで口当たりの滑らかさと飲みやすさはあれど、濃さはなく飲み応えは物足りず。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

アルコール度数4.0%も、飲み応えあり

この「Odd Eye(オッドアイ)」ですが、先ずはブルワリーさんの事を少し。2023年1月末頃醸造免許が交付され、北海道は札幌市にて醸造を開始されてるマイクロブルワリーさん。そして過去には函館ビールさんにて醸造経験、そして現ファントムのHobo Brewing(ホーボーブルーイング)さんでも醸造されてる?ヘッドブルワーさんが醸造されてる模様。因みにIPAやペールエールにセゾン等など既に複数ビールがリリース(缶も含む)されてますが、今回はレッドエールをビアっぷる初飲みとなります。そのビールはホップがカスケードを使用し醸造されたレッドエールというのはわかったものの…その他原材料等々記載はなしは残念😅。そのレッドエールですが、味の好みは人それぞれ。そしてビアっぷるの様に、現時点では“伝統的なビール”より“派手さのあるビール”を求めるだけに申し訳ないが好みには至らず。ただ、レッドでもモルト感が重すぎずホップとのバランス、そしてアルコール度数4.0%ながら飲みやすさはともかく“飲み応え”までも感じれる。ビールベースもしっかりで『奥深くきれいな造りで飲みやすいビール』という印象でした✨。このビールベースであれば、他のビアスタイルを飲んではみたいが…時代の流れ乗るかはともかく是非ヘイジーIPAが飲めると嬉しいなぁ~と勝手に思っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、『Streetlight Brewing(ストリートライトブルーイング)』さんから「Odd Eye(オッドアイ)」をご紹介しました。シンプルさの中に奥深さと飲みやすさを感じれるビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る