【東京】インクホーンブルーイング:「ケープウィーバー」を樽で飲んでみました~

インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから「Cape Weaver(ケープウィーバー)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Baby Raptor #2(ベイビーラプター)』のヘイジーIPAから、今回はアメリカンダブルIPAとの事。さて、どんな感じでしょうか😄

インクホーンブルーイング(ケープウィーバー)_イメージ01

『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』Cape Weaver(ケープウィーバー) 詳細

ビール名:Cape Weaver(ケープウィーバー)
ブルワリー:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
ビアスタイル:アメリカンダブルIPA
アルコール度数:9.0%
IBU:???
URL:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
facebook:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)

こちらがその「Cape Weaver(ケープウィーバー)」のビール画像です。

インクホーンブルーイング(ケープウィーバー)_01

「Cape Weaver(ケープウィーバー)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーなかなり奇麗な琥珀色
香りは、グラッシーさと甘やかさを感じさせる心地よさ
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌中でガスか?ピリッと残るかな。また求めてる甘さの様な感じはあり。そして甘やかなフレーバーからグラッシーさとシトラシーさが後追い。飲み後には甘さが感じれ苦味は平行線のまま。ボディはライトで飲み応えも深みもあり、アルコール度数9.0%は感じさせないが飲みやすさ的に…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

コールドIPAとの違い…

この「Cape Weaver(ケープウィーバー)」ですが、ホップはネルソンソーヴィンにアイダホ7、シムコーにセンテニアルインコグニートの計4種類。モルトはゴールデンプロミスに、酵母はLallemand社の“Nova Lager”というラガー酵母を使用し糖類を加え醸造されたアメリカンダブルIPAとの事。なるほど、甘やかさ由来はわからないが飲んだ時の甘さは“糖類”もありましたか…公式に『砂糖はドライさを足して飲みやすくする為』と表記。甘さが絶妙でビアっぷるの“求めてる甘さ”との違いが難しかったが、伝えて頂ける理由もわかり親切に感じれます😄。そんな中、飲み仲間とも話題になったのが…酵母はラガー酵母を使用でコールドIPAではなくアメリカンダブルIPAの表記。醸造できないビアっぷるにはどう棲み分けてるのか気になるところだが…まぁ、この先も醸造だけはしない・できないのでスルーでもいっかという感じ😅。結論今回のビールは、思ったよりホップの苦味はかなり控えめ。そして感じ方は人それぞれも、アルコールさや味とは別でボディなのか?言葉では難しいが“飲みやすさ”の部分で飲み進まなかった💦。それならば同ビアスタイルでも『Perfect Numbers(パーフェクトナンバーズ)』の方が好み✨。様々な造りがあるのは百も承知ですし、また新たなアメリカンダブルIPAがリリースされれば飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから「Cape Weaver(ケープウィーバー)」をご紹介しました。アルコールさの感じない飲み応えのあるアメリカンダブルIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京国立市にある『Kunitach…
  2. 希望の丘醸造所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮城県は岩沼市にある『希望の丘醸造…
  3. グランドタップルワリー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、愛媛県は西条市にある『Ground…
ページ上部へ戻る