寒菊ブルワリー×鬼伝説:「ONI99」をボトルで飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんと、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんとのコラボビール「ONI99」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。偶然でしたが、鬼さんとのコラボビールを見つけて購入✨。ただ、よくよくみるとビアっぷる苦手なアメリカンペールエール…さて、どんな感じでしょうか😅

『寒菊ブルワリー×のぼりべつ地ビール 鬼伝説』ONI99 詳細

ビール名:ONI99
ブルワリー名:寒菊ブルワリー×のぼりべつ地ビール 鬼伝説
ビアスタイル:アメリカンペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:???
facebook:Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)
facebook:わかさいも本舗(鬼伝説)

こちらが「ONI99」のビール画像になります。

寒菊ブルワリー×長龍クラフトビール(ONI99)_ボトル01
寒菊ブルワリー×長龍クラフトビール(ONI99)_ボトル02

「ONI99」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーめなブラウン寄りかな
香りは、優しい柑橘さと酵母か!?凄く爽やかで心地よい
飲み口は、ホップの苦味はやや残るが持続性としてはそこまでないかな。また求めてる甘さが控えめもあり。そしてフレッシュに感じてしまった程の柑橘ホップさから、下支えする酵母感、そしてモルトのふくよかな感じがこれまた好印象。飲み後にはやや甘さを感じ、温度上昇でちょいUPする苦味は許容範囲内も深みを感じる。ボディはライトでハイペースで減る程飲みやすく自身でもビックリ。バランス感がとても良く飲み応えも抜群でかなり好みな方のビールでした✨

自身でもビックリしたほど…

この「ONI99」ですが、寒菊さんと鬼伝説さんとのコラボビール。『完璧なペールエール』を目指したというビールですが、ホップ名はわからずも柑橘を中心に複数使用。その他原材料は、モルト等などをシンプルに使用し醸造されたアメリカンペールエール。ええ、そのペールエールが苦手なビアっぷるですしコラボビールも最近当たりが…という事でしたが結論、自身でも驚く程の好みさ😍。決して鬼さん寄りでもないが、絶妙な見え隠れを感じれるところも好印象。何が今までのアメリカンペールエールと違うのだろうか?…もちろんこの両者のコラボや技術もあるのは百も承知だが、それとは別に賞味期限から逆算したがボトル詰め間もなかったから?、330mlの量が絶妙な飲み終わり心地よさに感じさせたから?。そんな事も全てひっくるめてこのバッチはビアっぷるの舌とマッチ、そして正にブルワーさんの目指したという『完璧なペールエール』の言葉がしっくりきました✨。偶然出会い、偶然購入。よもやのアメリカンペールエールのはずが…やはり飲んでみないとわからないですね😅。そしてこの樽(ドラフト)がリリースされてるならば、是非パイントではなく敢えてMサイズで飲んでみたい中で実はもう1本別日に購入。感じ方は人それぞれでですが、久しぶりに目の覚めるようなフレッシュさを感じるアメリカンペールエールに感動したビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、千葉県は山武市にある『Kankiku Brewery(寒菊ブルワリー)』さんと、北海道は登別市にある『のぼりべつ地ビール 鬼伝説』さんとのコラボビール「ONI99」をご紹介しました。ペールエールが苦手な方にも飲んでみてもらいたいと思えるビール🍺✨。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  2. ブルークラシック(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、石川県は金沢市にある『Brew C…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る