【奈良】奈良醸造:「PARADISE GALAXY(パラダイスギャラクシー)」を樽で飲みました~

奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、奈良県奈良市にある『NARA BREWING.co(奈良醸造)』さんからギャラクシーホップを前面に出したという「PARADISE GALAXY(パラダイスギャラクシー)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。因みにビアっぷるが奈良さんを飲ませてもらうのはこれで2度目。最初はスタイルがポーターの『SWEET INSPIRATION(スイートインスピレーション)』でした。

ビール名:PARADISE GALAXY(パラダイスギャラクシー)
ブルワリー:NARA BREWING.co(奈良醸造)
ビアスタイル:アメリカンIPA
アルコール度数:6.2%
IBU:40
URL:NARA BREWING.co(奈良醸造)
facebook:NARA BREWING.co(奈良醸造)』

こちらがその「PARADISE GALAXY(パラダイスギャラクシー)」の画像です。
奈良醸造(パラダイスギャラクシー)
見た目はIPAという事ですが程よく透き通ってる感じですね。
香りですが、柑橘さを前面に感じるという印象でよくある感じかな。
飲み口ですが、アメリカンIPAという事だがホップの苦味が強く出る感じではなく苦味はほぼなし。また、パッションフルーツっぽさをも感じ、甘味は控えめでスッキリしており飲みやすい。IBUが40という表記からビアっぷるには、苦そう…と妄想も案外苦みを感じさせない造り。ビアっぷる的に嫌いではないのだが…出来ればもう1つ何かパンチが欲しい。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

その『NARA BREWING.co(奈良醸造)』さんですがビアっぷるの知ってる限り、
・PUBLIC PRESSURE (アメリカンIPA)
・BTTB(セゾン)
SWEET INSPIRATION(ポーター)
・SOUR SONIC(サワーエール)
・NIGHT&DAY(アメリカンペールエール)
・PARADISE GARAXY (アメリカンIPA)
今のところ全6種類かな。感じ方は人それぞれですが、ビアっぷる的にこのブルワリーさんは尖ったビールというよりは綺麗で安定したビールを醸造される印象。まだ全種類飲んだ訳ではないが、ビア仲間からも飲みやすいビールが多いという事だし、ビアっぷるも今回のビールでレベルの高い平均的なビールの味を引き出せるブルワリーさんと感じます。ヘッドブルワーの方は以前にもお伝えした通り、元京都醸造さんにおられた方と、自身のビールセンスで安定さが出てるのかな?。ただ、今のクラフトビール時代は個性的なビールの方が印象に残りやすい。出来ればばバーレーワインやインペリアルスタウト等のハイアルコール系を飲んでみたいのも本音。まぁ、奈良醸造さんの方向性もありますからあくまでお希望ですけど^^;。でも、先々はこういうハイレベルで平均的なビールを造れる事こそ、長く残り強みになりそうな気はしています。現状ではビアっぷるの好みはまだないものの、今後はどんなビールが出てくるのか興味津々なビアっぷるでした(´▽`)

はい、そんなこんなで今回は『NARA BREWING.co(奈良醸造)』から「PARADISE GALAXY(パラダイスギャラクシー)」を紹介しました。比較的飲みやすい綺麗なビールでクラフトビール初心者の方にもオススメ。飲める機会があれば是非、飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る