【神奈川】パシフィックブリューイング:「カフォ」を樽で飲んでみました~

パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』さんから「Kafoh(カフォ)」を樽(ドラフト)でき飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『Yero(イェロ) 2024ver.』でしたが、今回はアルコール度数7.0%とやや高めのサワーエール🍺。さて、どんな感じでしょうか😊

パシフィックブリューイング(カフォ)_イメージ01

『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』Kafoh(カフォ) 詳細

ビール名:Kafoh(カフォ)
ブルワリー名:Passific Brewing(パシフィックブリューイング)
ビアスタイル:サワーエール with グレープスキン
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:Passific Brewing(パシフィックブリューイング) なし
facebook:Passific Brewing(パシフィックブリューイング)

コチラがその「Kafoh(カフォ)」のビール画像です。

パシフィックブリューイング(カフォ)_01

「Kafoh(カフォ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある上部オレンジで中団~下部がブラウン寄り
香りは、控えめな酸味とちょい爽やか柑橘っぽさ
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性はそこまでなし。また、求めてる甘さはなし。そしてフルーツのジューシーな感じと、甘酸っぱさの酸味寄りな味わいから微エグみっぽさも後追い。飲み後には温度上昇で甘酸っぱさがちょいUPと口当たりまろやかな存在感がアピール。ホップの苦みやエグみは平行線。ボディはミディアムで飲み応えもある分か?、段々重く感じてしまい…残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ブドウ果皮2種類<ライ麦

この「Kafoh(カフォ)」ですが、神奈川県の茅ヶ崎にあるワインがメインの“葡萄酒倶楽部”さんと醸造されたサワーエールとの事。そんなビールは、ホップの種類は記載がなくわからず。またライ麦を使用、その他原材料で長野県は小諸で育ったという葡萄の搾汁後の果皮2種類(ソーヴィニヨンブラン・ガメイ)を使用し醸造されたサワーエールだそうです🍺。最初に、ビア仲間より、“パシフィックさんが初の果皮を使用したサワーらしいよ”と聞いた。それを聞いて飲ませて頂く前の勝手な妄想は、“ブドウ果皮由来のタンニンが主張されアルコール度数7.0%からボディのあるやや甘酸っぱいか酸っぱめなサワーエール”。はい、実際はだいぶ違ったかな😅。好めた点は、“控えめな酸味を感じるジューシーな味わい”。そして温度上昇してから感じる“まろやか”な部分✨。逆に気になったのは、果皮由来のタンニン(エグみ・渋み)さが感じにくいのと、サワースタイルであるはずの酸味が意外に弱いという点。そして、ライ麦由来であろう穀物さがブドウの良さをグッと抑え込まれてしまってる印象。因みにビアスタイルは違うが、感じ方は人それぞれもライ麦の使用量から長龍さんの『ROGGEN(ロッゲン)』では良い意味クセを感じさせないのが素晴らしく感じた。当然何か意図があってのライ麦を使用されたのだろうが、このビールの経緯から主役は“2種類のブドウ果皮”であって欲しかったが…感じ方は人それぞれだがビアっぷるは“ライ麦”が主となったビール🍺。今回果皮を使用したのが初との事だけに、2度目があった際にはどんな風にブラッシュアップされるのか気になるビアっぷるです。

はい、という事で今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』さんから「Kafoh(カフォ)」をご紹介しました。温度の高低差での変化も楽しんでもらいたいビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んで見て下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ジョウゾビアベース(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は阿南市にある『JouZo …
  2. 寒菊ブルワリー(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、千葉県は山武市にある『Kankik…
  3. シュレッドビールカンパニー(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、海外ビールとなりますがこのブログで…
ページ上部へ戻る