『忽布古丹醸造(ホップコタン)』から「旱に雨(ひでりにあめ)」を樽で飲んでみました~

ホップコタンロゴその2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「旱に雨(ひでりにあめ)」を紹介したいと思います。
因みにビール名の“旱に雨(ひでりにあめ)”とは…『待ち望んでいたことが、やっと実現することのたとえ』という意味だそうです^^;

ビール名:旱に雨(ひでりにあめ)
ブルワリー名:忽布古丹醸造(ホップコタン)
スタイル:ゴールデンエール
アルコール度数:4.9%
IBU : 24
URL:忽布古丹醸造(ホップコタン)
facebook:忽布古丹醸造(ホップコタン)

それでは「旱に雨(ひでりにあめ)」のビール画像はコチラです。
忽布古丹醸造(旱に雨(ひでりにあめ))
見た目はいつも通りと言っては何だが透き通った黄金色が多いですね^^;
香りは…全くと言っていいほどない!ビア仲間の間でも話題になってました。
飲み口は昔ながらのシンプル過ぎるという言葉が合う程のゴールデンエール。
スッキリな感じで甘味もないがフレッシュなホップを使った仕込みという事だが、
みずみずしいというよりは“水っぽい”印象でビアっぷるは好みではないかな^^;

そういえば皆さんご存知でしたか!?『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんのFacebookサイトは知ってると思いますが、
ホームページ』ができて今までより忽布古丹醸造(ホップコタン)さんの事がわかりやすくなりましたね!
トップの画像には富良野の景色や醸造内のタンク、仕込み中の画等が使われてますし画質もなかなか綺麗な方です。
また、BEERの紹介はIBU、アルコール度数は当然ながら記載されてますが見た目が解りやすくなっており、
今後はここから情報を得る事ができますが一応使ってるホップは一緒だとしても、
初めてサイトを見に来た方に対してそこは記載してほしいところですよね(^^;)
しかし、こうビールのページを見るとビア仲間に少し頂いたりもすると何だかんだでほぼ飲んでるビアっぷるwww

あ、BEER画像内で細かい事ですが気になる事が…「旱に雨(ひでりにあめ)」のビール画像にて、
上部の泡の左側が削られてる!?感じが出て左斜めになってるのは何だろう?
Deep Emotion Pilsnerの画像も上部が左に斜めってるのは何だろう?
そしてビールによって程よくピンボケしてるのは敢えてかな?撮った後に修正をしてるのかな?と、
TOPの画像には良い画像を使用してるのに対して…と、思いました。はい、余計なお世話ですね^^;

ビアっぷる的にはクラフトビール業界のHPでは日本、且つ京都らしい『京都醸造』さんのサイトが1番好み。
今やサイトへのアクセス的にはfacebookの方が多い事からfacebookページがあればいいやという事もわかります。
が、HPは『企業の顔』といっても過言ではないですからこうやってちゃんとしたHPを持って、
且つサイトデザインや内容、画像などの質ももっと上がっていけばいいなぁ~と思ってます(´▽`)

はい、という事で今回は『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「旱に雨(ひでりにあめ)」を紹介しました。
人気のブルワリーさんですし皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~
最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいませ^^

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る