石川県金沢市にある『金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)』から「ベルジャンウィート」を樽で飲んでみました~

金澤ブルワリー(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

このブログでは初登場となりますがビアっぷるも初めて飲んだブルワリーさんのビール。石川県は金沢市にある『金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)』さんから「ベルジャンウィート」を紹介したいと思います。このブルワリーさんのビールは飲みたかったのですがなかなか身近なビアバーで繋がらない。ひょんな事から偶然入ったビアバーに繋がってたのでやっと飲む事ができました(´▽`)

ビール名:ベルジャンウィート
ブルワリー名:金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)
スタイル:ベルジャンウィート
アルコール度数:5.0%?
URL:金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)
facebook:金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)

金澤ブルワリー(ベルジャンウィート)

こちらが「ベルジャンウィート」のビール画像です。

見た目は濁ってるのを想像してたが透き通っており綺麗な茶褐色ですね。
香りはベルジャン感がしっかり出ており小麦の良い香りがします。
飲み口は、ウィート感が強めで鼻から抜けるベルジャン感が非常に心地よい。また、優しい甘さがありビールに重さはないものの非常に飲みやすく、ビール自体のバランスも良く感じたのでどこで修行したかが凄く疑問でしたが、ベルジャンスタイルが苦手なビアっぷるでもこのベルジャンウィートは好みな方。そして透けてるベルジャンウィートは初めてでしたが非常に好みに近い味でした~^^

はい、この金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)さんですが2016年に醸造開始したマイクロブルワリーさん。ビアっぷるはずっと気になったままで本当に関東ではなかなか見かけないのがネックでしたが、まさかのまさか偶然に飲める事になるとは思いませんでしたが嬉しかった。色々と調べてみると現在・過去に醸造したビールの中にも面白そうなビールがありました。
・ペールエール(アメリカン)
・凪(アマリロケルシュ)
・ヴァイツェン
・白麹ヴァイツェン
・スタウト
・ペールエール
・アメリカンペールエール
・サワーバーレーワイン
・浅野川バーレーワイン
・犀川(さいがわ)バーレーワイン
・その他
その中でもとても気になるのはピルスナーをまだ醸造してないが既にバーレーワインを醸造してるのところが凄い。長期熟成ビールを先に醸造してるのは余程のバーレーワイン好きのヘッドブルワーさんなのだろうか?日本酒酵母を使ったバーレーワインの様で、バーレーワイン好きのビアっぷるには興味津々のビール。ベルジャンウィートが好みだっただけに舌に合いそうな気がしてならない(´▽`)

ホップはオーストラリアやアメリカ、ドイツ産などを使用しながら、バーレーワインのビール名にもついた犀川(さいがわ)の水を仕込み水として使用。また、ヘッドブルワーは樹夫正の方でビール造りに興味を持ったのが、『大手のビールを好まない』という点がビアっぷると一緒で何か繋がるところがあり、勝手ながら親近感が湧いてしまいました(^^;)

そして大事なこのビールの味やバランスはどこで修行したのだろう?と思ったら、『羽田ブルワリー』さんという事でちょっと意外と言えば意外でしたといのも、東京の蒲田にある『羽田バル』さんに以前お伺いした際には、4種類のビールがあったのは覚えてるがスタイル名は一部忘れたものの何れも飲みやすくレッドエールが好みだったのは覚えてます。ふと思ったがこの羽田ブルワリーさんのビールって他で飲めるところがあるのだろうか?、意外に飲めないのかな?というブルワリーさんで金澤ブルワリーさんのヘッドブルワーさんは修行されたのですね~( ..)φメモメモ正直、他のスタイルも飲みたいですし先々が非常に楽しみなブルワリーさん、機会があれば再度飲みたいと思います(^^)

金澤ブルワリー(トップ画像)

最後に、金澤ブルワリーさんのPCサイトの各々のページ画像と、ボトルで使用してるロゴのセンスが非常に好み。これがトップ画像に使われてますが、これってヘッドブルワーさん的な女性目線からのアイデア!?なのか、お祝い事に凄く合いそうですし色味やデザインセンスを凄く感じてビアっぷるはかなり好みですね~。ただ、この良いセンスに対して何故にfacebookのロゴは微妙な画質なのだろうか?と、気になり出来れば綺麗な画質に変更してもらえるといいのになぁ~と余計なお世話なビアっぷるでしたwww

はい、そんなこんなで今回は石川県金沢市にある『金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)』さんから「ベルジャンウィート」を紹介しました。皆さんもし機会があったら、是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る