【東京】インクホーンブルーイング:「スパインビル」を樽で飲んでみました~

インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから「Spinebill(スパインビル)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Mejiro(メジロ) #2』でしたが、今回はアメリカンダブルIPAという事で紙一重かも!?。だが、インクホーンさんなら…で、興味はそそられます😅 

インクホーンブルーイング(トップイメージ)_01

『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』Spinebill(スパインビル) 詳細

ビール名:Spinebill(スパインビル)
ブルワリー:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
ビアスタイル:アメリカンダブルIPA
アルコール度数:6.8%
IBU:???
URL:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
facebook:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)

こちらがその「Spinebill(スパインビル)」のビール画像です。

インクホーンブルーイング(スパインビル)_01

「Spinebill(スパインビル)」飲み応えレビュー

見た目は、クリア目な琥珀色という感じでしょうか
香りは、ホップ由来か?ややウッドっぽいクセを感じる風味
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまでないかな。また求めてる甘さはなし。そしてホップか?酵母由来か?アロマ同様ウッドっぽさ+甘やかなグラッシーさが後追い。飲み後には甘さはなく苦味は控えめでキレがある。ボディはライトでアルコール度数8.0%は思わせない飲みやすさはあるが、ケルシュ酵母感がピンと来ず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

同じアメリカンダブルIPAでも丸っ切り違う

この「Spinebill(スパインビル)」ですが、ホップはシトラにアイダホ7、エルドラドインコグニートにシトラインコグニート、そしてモザイククライオの5種類。また酵母はKölnを使用し、その他原材料にはマルトデキストリンを加えケルシュ酵母で発酵させ醸造されたアメリカンダブルIPAとの事。素直に、ケルシュ酵母で発酵させたダブルIPAは初飲み。ただ、そこは好みは人それぞれという事でビアっぷるには響かずだが、うちゅうさんでもよく使用される“マルトデキストリン”を今回使用されてるのは意外。ええ、やっぱり現時点では苦手さが露呈する印象のビアっぷる😅。インクホーンさんのアメリカンダブルIPAと言えば、『Perfect Numbers(パーフェクトナンバーズ)』が好みですがそれとは丸っ切り違う対応のダブルIPA😵。同じビアスタイルでもこうも違いがはっきり出ると、改めてクラフトビールってビアスタイルが一緒でも様々な種類があるなと改めて実感した一杯🍺。また、新たなダブルIPAがリリースされた際には是非飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから「Spinebill(スパインビル)」をご紹介しました。ウッドっぽさを感じ、甘やかさを感じたアメリカンダブルIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る