埼玉県志木市にある『SHIKI BEER(シキ ビア)』から「Sour Saison(サワー セゾン)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、先日の『DARK TRIPEL(ダーク トリペル)』に続き、埼玉県の志木市にあるSHIKI BERR(シキ ビア)さんの「Sour Saison(サワー セゾン)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。さすがに、サワーな上にセゾンとビアっぷるのダブルで苦手なビアスタイルが合体してるのはどうでしょうかね~^^;

商品名:Sour Saison(サワー セゾン)
スタイル:ベルジャンエール
ブルワリー:SHIKI BEER(シキ ビア)
アルコール度数:6.3%
IBU:?
URL:SHIKI BERR(シキ ビア)
facebook:SHIKI BERR(シキ ビア)

こちらが、その「Sour Saison(サワー セゾン)」のビール画像です。
SHIKI BEER(Sour Saison)
見た目ですが、程よく透け感のある茶褐色ですね。
香りは酸味が抑えめという事だが…酸味に敏感なビアっぷるだけにピンチ!?
飲み口は、口に含むと鼻から抜ける酸味と味がしっかりしてるものの、ビール自体に角が立ってないというか…軽めで予想以上に飲みやすいサワー。甘さはなく苦みもほぼ感じないのだが、温度が上がっても酸味のしっかりさは変わらず。これでスタイルがベルジャンエールですかぁ?うーん、ビアっぷるの好みではないが、ビアスタイルと味がイマイチ合致しないビアっぷるでした^^;

はい、この「Sour Saison(サワー セゾン)」ですが、3か月間熟成させたというビール。また、ビアスタイルがベルジャンエールとの事でベルジャン感はほとんど感じなかったので何ともだが、サワーとはいえビアっぷるがかなり苦手なサワーとはまた一味違う、“飲みやすい舌に合うサワー”って感じ?ビア仲間は『サワー感が足りない…』とも言ってたが、ビアっぷる的には程よく酸味があるという事でこの位がサワーとしては好みな方かもと思ったので、案外サワーが苦手な方もTRYしてみても良いかもですね?(^^ゞ

しかし、ビアっぷるの舌に合うブルワリーさんってかなり少ないのですが、
現時点では『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんがこのブログでも紹介したように、過去飲んだものの中でどれを飲んでも好み。というのはありますが、先日の『DARK TRIPEL(ダーク トリペル)』もそうですが、やはりビアっぷるの舌に『SHIKI BEER(シキ ビア)』さんのビールが合う可能性が高そう…ブルワリーさんの場所的には非常に行き辛いので是非他のビアバーで飲めるなら他のスタイルをもっと飲んでみたいですね(´▽`)

はい、という事で今回は埼玉県志木市にある『SHIKI BEER(シキ ビア)』さんから、「Sour Saison(サワー セゾン)」を紹介しました。あまりビアバーでは見かけないビールかもしれませんがもし見つけたら是非飲んでみて下さいね!

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る