【北海道】忽布古丹醸造:「haskap(ハシカプ)」を樽で飲んでみました~

忽布古丹醸造(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから定番ビールとなる「haskap(ハシカプ)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。ホップコタンさんの定番ビールで、因みに“ハシカプ”はアイヌ語のハスカップを意味するそうですよ。ただハスカップを食べた事がないビアっぷるで判断ができない可能性があり…そこはご了承頂きたく思います(^_^;)

忽布古丹醸造(ハシカプ)_イメージ01

『忽布古丹醸造(ホップコタン)』haskap(ハシカプ) 詳細

ビール名:haskap(ハシカプ)
ブルワリー名:忽布古丹醸造(ホップコタン)
ビアタイル:フルーツセゾン
アルコール度数:7.0%
IBU:10
URL:忽布古丹醸造(ホップコタン)
facebook:忽布古丹醸造(ホップコタン)
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

コチラが「haskap(ハシカプ)」のビール画像です。

忽布古丹醸造(ハシカプ)_01

haskap(ハシカプ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーさのある薄い赤紫な感じで泡もややピンク気味
香りは、ハスカップらしき?存在は感じるがセゾン感かな?
飲み口は、ホップの苦味はIBU10という事もありほとんど感じないし、持続性もないかな。また求めてる甘さはない。そしてハスカップであろうフレーバーを感じながらも甘ったるいなどもなく、スッキリな感じでドライ。ただセゾンのこれまた独特な感じと、飲み込んだ後に“渋み”は気になってしまう。ボディはライトでしたが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

アルコール度数7.0なのに…

この「haskap(ハシカプ)」ですが、ホップは富良野産を使用してるのだろうが種類は記載がなくわかりませんでした。また富良野産のハスカップを使用して醸造されたフルーツセゾンビールとの事ですね。意外性を感じたのは、アルコール度数7.0%ながら良い意味でアルコール感がほとんど感じれなかったのだが、逆に若干だが“水っぽく”も感じた程飲みやすくも感じた。それと“渋みを後味に感じた事でハスカップは渋みを感じたのは合ってるのかな!?www。

そもそもハスカップって…!?

調べてみましたがどうやら北海道や栃木、静岡の一部だけ!?にある植物の様ですが間違ってたらすいません。ええ、そもそもハスカップは◯カ・◯ーラさんの『◯ろはす(ハスカップ)』を飲んだ事があるくらいで、そもそも食べた事がないビアっぷるには正直ピンとこなかったので、気持ち的には申し訳なく思いました。まぁ、定番ビールという事でこの先も飲めるはずですし、どこかでハスカップを食べる機会があれば改めて飲んでみようと思うビアっぷるでした(^_^;)

はい、という事で今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「haskap(ハシカプ)」をご紹介しました。ハスカップを使ったビール、皆さんも機会があれば是非飲んでみてはいかがでしょうか。

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る