【神奈川】湘南ビール:「Sticky Fingaz(スティッキーフィンガーズ)」を樽で飲んでみました~

湘南ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回はこのブログでは確か初登場となりますが神奈川県茅ヶ崎市にある『湘南ビール』さんより、「Sticky Fingaz(スティッキーフィンガーズ)」を樽で飲んできましたのでご紹介したいと思います。このビールですが以前は名古屋のビアバーさんとのコラボビールだった様です。また、僅かながら東京や神奈川で販売された様ですが湘南さんの情報に疎いビアっぷるはビールの存在すら知らなかった。今回は新バッチ??と思いますがニューイングランドIPAという事で興味津々で飲んでみました^^;

ビール名:Sticky Fingaz(スティッキーフィンガーズ)
ブルワリー名:湘南ビール
ビアスタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:40
URL:湘南ビール

コチラがその「Sticky Fingaz(スティッキーフィンガーズ)」のビール画像です。

湘南ビール(スティッキーフィンガーズ)

見た目ですが、濁り感はしっかり出ているくすんだオレンジですね。
香りはジューシーさとトロピカルさがしっかり出てましたが何かいる…
飲み口は、どうしても湘南さんのビールはファーストインスピレーションはやはり“苦み”から入ってきました。ただ、ジューシーさもありビール自体はやや軽めではあるがビールのバランスがしっかり取れてるだけにその辺はさすが湘南さん。ですが、何かいるんです…はい。甘さも感れず残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

この「Sticky Fingaz(スティッキーフィンガーズ)」ですが、ビアスタイルはニューイングランドIPA。ホップはシトラ、ネルソンソーヴィン、そしてモザイクを使用し通常のIPAの3倍近くホップを投入して醸造された様です。また、意図的に苦味を抑え香りを引き立たせたという事ですが…ビアっぷるにもジューシーさもトロピカルさもしっかり伝わりました。が、香りも味も気になる”何か”…は、ビアっぷるの天敵!?モザイクホップがいるじゃないですか…どうりで何か感じると思ったのは当たりと思っています。。。

因みに湘南ビールさんを飲む機会が明らかに減ったビアっぷるですが、クラフトビールを飲み始めた頃から超有名な湘南ビールさん。基本的にビアっぷるのイメージは全体的に苦め。苦味に敏感な舌なのでほぼ9割は苦く感じるが、過去2種類ほど好みなビールがありました。

・ベルジャンスタウト
・白桃エール フクシマ

です。ベルジャンスタウトは“浴びる程飲ませて頂いた”と、以前にもこのブログでビール紹介ささえてもらいまいしたが凄く好み。そしてもう1つは最近醸造されてたフルーツエールで『白桃エール フクシマ』。このブログでは諸事情により紹介できませんでしたが、福島県産の皮ごと食べられ“さくら白桃”を使ったビール。これは良い意味で湘南さんらしくない、桃感、桃の甘さ、そして何より苦味をほぼ感じないビールと言うのが意外で正にピーチネクターでした。これはまた機会があれば是非飲みたいビールですし、今度はこのブログでも紹介したいですね!

長くなってしまい話しも逸れてましたが、気になるNEを飲ませて頂きましたが、ある種期待に応える苦さがありました。ま、これが湘南ビールさんというイメージですし、あの“けもなれ”にも登場するほどのブルワリーさん。老舗でビアスタイルも多種あります。お試しあれ~

はい、という事で今回は神奈川県茅ヶ崎市にある『湘南ビール』さんから「Sticky Fingaz(スティッキーフィンガーズ)」を紹介しました。皆さんも機会があれば湘南ビールさんのを是非飲んでみて下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る