『Garapago Racing(ガラパゴレーシング)』にて「モカ ハラーズ セゾン」や「ほのかな洋なしエール」など4種類を樽で飲んできましたよ~

ガラパゴレーシング ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は以前にもブログで気になると挙げていた『Garapago Racing(ガラパゴレーシング)』さんに、少し前ですがお伺いできたのでご紹介したいと思います。ガラパゴさんの周りは広々とした住宅地で景色も良く素晴らしい環境でしたよ~
ビールは4種類飲んで、全て紹介したいと思いますので長くなりますが悪しからず(´▽`)

ブルワリー名:Garapago Racing(ガラパゴレーシング)
住所:神奈川県足柄上郡開成町みなみ一丁目3-4
facebook:Garapago Racing(ガラパゴレーシング)

という事で、早速ですが先ずは外観ですが、

ガラパゴレーシング(外観1)

お天気も良く白壁が映えて良い感じでした!
それから入り口はこんな感じですが、

ガラパゴレーシング(外観2)

リクガメさんがお出迎えとやはり絵とはいえ生リクガメさんは可愛いですね~♪
はい、それでは主となるビールの話をしたいと思いますが、

・アンバーエール
・モカハラーズセゾン
・ほのかな洋なしエール
・ベルジャン
・ポーター

・サワーセゾン

お邪魔した際にはこの6種類が自家醸造ビールでしたが、黒く濃くしたビールの4種類を飲ませて頂きました。ではでは順次、完結に紹介していきたいと思います。先ずは、

ビール名:モカ ハラーズ セゾン
ビアスタイル:セゾン
アルコール度数:5.0%
IBU:???

の方からですがモカ ハラーズ セゾンの画像はコチラ。

ガラパゴレーシング(モカハラーズセゾン)

見た目はニューイングランドを思わせたくらいの濁りではあるがセゾンです。
香りは、漬物のタクアン!?と思った、独特な香りで酸味を感じる。
飲み口は泡がクリーミー!で、苦味はなく甘さも控えめで炭酸が少なめで飲みやすい。が、やはり最後まで絶妙な酸味が気になってはいたのだがビアスタイルがセゾンだから?それともイエメンモカハラーズは発酵させたコーヒーという話しをお聞きしたのでその酸味か?そしてグラスの底にコーヒー豆が残ってるのはどうなんだろう?と思いながら飲み終えましたが、これはビアっぷるの好みではありませんでした^^;

次は、

ビール名:ほのかな洋なしエール
ビアスタイル:フルーツエール?
アルコール度数:5.0%
IBU:???

の方からですが画像はコチラ。

ガラパゴレーシング(ほのかな洋なしエール)

見た目は、茶褐色のやや濁り気味でした。
香りは洋なしが爽やかに感じるというよりはツンと鼻にくる酸味感。
飲み口ですが洋なしがかなり出てると思うが、香りと同じく酸味がかなり際立っており、飲み込むと喉奥に酸味だけがやたら残る。洋なしらしい甘さはないのだが甘さ控えめの洋なしを使ったのかな?ホップ感はほとんど感じないし、ボディーは軽めでしたがビアっぷるの好みではありませんでした^^;

そして、

ビール名:ベルジャン
ビアスタイル:ベルジャン
アルコール度数:5.3%
IBU:???

の方からですが画像はコチラ。

ガラパゴレーシング(ベルジャン)

見た目は茶褐色で透け感はそこまでありませんでした。
香りは独特な酸味と、言葉にし辛い香り。。。
飲み口は、ベルジャン感は少々あるが…味が厳しい。甘さはなく酸味もがかなりあり後味に残るこれは何でしょうか??ビール自体は軽めでこの酸味といいビールと言われると唸ってしまう。メニューには“飲みやすい”との言葉があるのだが、全然ビールが進まず滅多にないが全く好みではなかったです。

最後に、

ビール名:ポーター
ビアスタイル:ポーター
アルコール度数:6.0%
IBU:???

の方からですが画像はコチラ。

ガラパゴレーシング(ポーター)

見た目は透けない感じの黒色ですね。
香りはポーターですがこれも何故か酸味を感じる…
飲み口は、ポーターで酸味が際立っているのはどういう事でしょうか?他のブルワリーさんでもポーターで酸味をあまり感じたことがないのだが何かあるのか?
ロースト感は舌でやや感じるもののモルト感がかなり消えておりこれはポーターなのだろうか?甘さはなく苦味が酸味に負けている。これも残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした。

という事で4種類飲んだビールをご紹介しました。正直、味に関してですがビアっぷるには全て厳しく好みではなかった。“味”は人の好みどうこうなのでこれは良いとして、全種類のビールに同じような“酸味”を感じるのはどういう事なんだろうか?…酸味に敏感なので何度も飲みながら考えたが、間違いなく“酸味”が4種類全てに於いて出ていた(・_・;)

仮にモカ ハラーズ セゾン、ベルジャンに関してビアスタイルから考えられなくもないし、ほのかな洋なしエールに関しても酸味の強かった洋なしを使った!?のならこれもまだ…しかし『ポーター』に関してここまで酸味が出てるのは!?…

ここからは勝手な憶測で間違っていたら大変申し訳ないが、年末年始期間もあり開栓してからかなり期間が過ぎてたのか!?それとも『ビール管理』で手違いがあったのでは!?、更にはこのブルワリーさんの醸造するビールは設備自体が酸味が出る状況になってしまってる!?と思うほど、酸味が出過ぎてる気がする。お店の開店前にはもちろん状態を確認して出しているのだろうが、、、『いや、ガラパゴレーシングのビールですよ!』と言われたらそれまでですけどね…(^^ゞ

また、敢えて内容を盗み聞きはしなかったが、少し離れたところに座ってたおじさまも酸味についてお話をしていた。このビアナビのブログを見て頂いての通り、色々なビールを大半飲んできたが4種類で酸味が出てるのは初めての事。こうなると可能性が高いのは『管理』か『設備』だと思うのだが違うかなぁ???。ガラパゴレーシングさんには従業員が当時3~4人はいたと思うが、誰もこれに関して変と思わないってことはこれがガラパゴレーシングさんのビールなのかもなぁ…。はい、これがガラパゴレーシングさんの味だったら心から申し訳なく思いますし、心からお詫び申し上げたく思います。ガラパゴレーシングさんのfacebookのコメントでは、ビールの事で良いコメントも書かれており楽しみにしてお邪魔してみたが、投稿された方はこの酸味感で良いコメントを出してるのだろうか?非常に疑問に思うビールでした。良いコメントではないがビアっぷるは事実そう感じました(>_<)

今回はせっかくお邪魔できたのにタイミングが悪かったのか残念な結果でしたが、たまたまかもしれないので機会があれば期間を空けてからもう1度リベンジしようとは思ってますが、皆さんは自身の舌でちゃんと確認してくださいね!これはあくまでもビアっぷるの感想ですし、たまたまビアっぷるが飲んだタイミングが…の可能性もありますから。1番信じれるのは自身の舌ですからね!

はい、という事で今回は、神奈川県にある『ガラパゴレーシング』さんにて、
「モカハラーズセゾン」「ベルジャン」「ほのかな洋なしエール」「ポーター」をご紹介しました。快晴であればより景色が綺麗なところですし、良かったら行ってみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、ブログでお伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 長山 一隆
    • 2019年 2月 09日

    御来店ありがとうございます。
    ガラパゴレーシング醸造の長山です。
    おそらく年末年始の後の1番忙しい時期のビールのラインナップだったと思います。
    酸味の件すぐ改善調整に動かさせて頂きました。
    同じ液種でも、ケグによって酸味が出ているもの無いものがございました。
    1番考えられるのが、フィルター等使用していない当店の製法で、普段より多くの酵母がケグ内に残り、それが少し日が経って、タップから出てきた時に醸造段階より酸味を発生させたと考えております。もちろん他の可能性も様々な点から見直しております。
    そんな内容は別として、
    何より
    折角の御来店の際に、お口に合わないビールしか出せなかったのが悔やまれます。

    実はいつも拝見させて頂いてます。
    今回はバタバタしていたので反応遅くなってしまいました。
    飲み手側からの率直かつ的確な表現勉強になります。
    でも造り手への配慮もとても優しい内容だと思ってます。
    機会ありましたら是非色々お話お聞かせ下さいませ。

    今回はご期待に添えず本当に申し訳ないです。
    また機会ありましたら是非お立ち寄り下さいませ。

    長山 一隆

      • ビアっぷる
      • 2019年 2月 09日

      ガラパゴレーシング
      醸造長 長山一隆 様

      ビアナビのビアっぷると申します。
      この度の閲覧、コメントを頂き誠にありがとうございます。
      と同時に、大変恐縮でもございます。

      >同じ液種でも、ケグによって酸味が出ているもの無いものがございました。
      >1番考えられるのが、フィルター等使用していない当店の製法で、
      >普段より多くの酵母がケグ内に残り、それが少し日が経って、
      >タップから出てきた時に醸造段階より酸味を発生させたと考えております。

      ここまでご説明頂き本当にありがとうございます、勉強させて頂きました。
      また『ビールが口に合わなかった』の前に、“酸味”はまた別の話になりますので
      1番考えられる事が改善されたという事であれば、またお伺いさせて頂ければ幸いと思っております。
      そして勝手ながら前向きではなかった感想を記載させて頂き大変失礼致しました。
      長山様より『飲み手側からの率直かつ的確な表現勉強になります』と、
      仰って頂けたのはブログを書いてる上で非常に救われる言葉でもございました。
      ただ、“率直な表現”は間違いないのですが…“的確な表現”は…私の舌が偏ってる部分が多々あるのと、
      語彙力のなさが本当に恥ずかしい限りです。。。

      今回長山様からの温かいコメントを頂けた事は大変有難く思っています。
      一部ご理解を頂いてるブルワリーさんもいらっしゃるのですが、
      やはりその他のブルワリーさんからはどう思われてるのだろうか?と、
      毎日更新させて頂いておる中でハラハラな面もあります。

      醸造経験も知識もほとんどないというか興味がない私ですが、
      “嗜好品”という事から、一個人ではございますが、
      ・飲み手の感想を“素直”に書きたい。
      ・舌は十人十色。
      ・こんなに色々な種類のクラフトビールがある。
      と、思いながらクラフトビールに興味を持つ方が1人でも多く増えれば嬉しいというのを常々思っております。

      長くなってしまいましたが、改めてお伺いさせて頂きたく思います。
      その際は、何卒宜しくお願い致します。

      ビアっぷる。

ピックアップ記事

  1. 徳島地ビールフェスタ2019(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、2016年から開催されてる徳島県の…
  2. ノースアイランドビール(ロゴ)1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道は江別市の『NORTH IS…
  3. Inazuma Beer(イナヅマビール_ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回はビアナビ初登場となる東京都港区…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。https://beer-navi.net/823…
  5. SHIKI BEER(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、埼玉県は志木市にある『SHIKI …
ページ上部へ戻る