徳島県勝浦郡の『RISE&WIN(ライズアンドウィン)』がMotor Hotel「Kamikatz Rolling Room」をオープン!

RISE & WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、クラフトビール関係と言えばそうですが趣向が少し変わって非常に興味津々なビアっぷるです。徳島県勝浦郡にあるブルワリーの『RISE&WIN(ライズアンドウィン)』さんが、“1日1組限定”のキャンプサイト、Motor Hotel「Kamikatz Rolling Room」をオープンされた様ですね!BBQをしたり、星空を見たり…そしてキャンピングカーで宿泊ができるという、アウトドアは好きだがテントで寝たくないビアっぷるには最高の環境です(´▽`)

ホテル名:Kamikatz Rolling Room
関連ブルワリー:RISE & WIN Brewing co.(ライズアンドウィン)
住所:徳島県勝浦郡上勝町大字正木字平間 237-2
URL:Kamikatz Rolling Room
備考:詳細はサイトにて御確認ください

気になる環境ですが、

Kamikatz Rolling Room(景色)

事前の中に白基調のキャンピングカー、そしてサイドには赤色で『Kamikatz Rolling Room』の文字が!

Kamikatz Rolling Room(敷地全体図)

そして敷地全体図はこんな感じとなってる様ですが、真っ先に興味を持ったのがキャンピングカー内の設備や雰囲気。

Kamikatz Rolling Room(内観)

内装は綺麗でオシャレな空間の中にセミダブルベッド×1にロフトベッド×1、更には外のテントだと思いますがシングルベッド×2つと複数人でも宿泊できるのが良いですね。他にはキャンプファイヤーが出来る場所もあり、ビアっぷるが好む自ら火を起こして楽しみたい、
・セルフBBQ(阿波尾鶏と上勝野菜のBBQコース) 5,000円
・セルフBBQ(地元産ジビエBBQコース)7,000円

のコースや、せっかくだから優雅に贅沢にという事で火起こしから調理まで全てスタッフが対応する、
・RISE&WIN貸し切り「Candle night Dinner」 10,000円
もお好みに合わせて選べるところもまた有難いですね~♪

そして朝食は、
・Standard Breakfast(+0円)
もあるが、+400円で自ら火を起こしてフライパンで調理する“手作りベーコンと卵のセット”もある様です。そして、スタッフが提供してくれるという、
・RISE&WIN Breakfast(+2,000円)
で、和食か洋食の2種類選べるかはわかりませんが提供してくれるようです。ビアっぷるが気になってるのは『まえのさんのパン』というパン好きなビアっぷるは気になります(@_@)

ここでビアっぷる的に大事なのが樽生で飲める『RISE & WIN Brewing co.』さんのビール環境は?(@_@)
えっと、先ずディナーコースにはクラフトビール1pintかソフトドリンク1杯がついてる様です。はい、、、もちろんビアっぷるには全然足りませんがそんな方には、パブリックハウスの営業時間だとビールの追加注文も可能だが営業時間外は…と言う時は、量り売りもしてるのでグラウラーでビールを購入しておくのも手ですし、ボトルも販売してるのでボトルを買うもよしですね!うーん、ビアっぷるは先に目一杯飲んでおきたいタイプなので、強いて我儘を言うならディナーコースに“飲み放題コース”があれば嬉しかったかな(^^ゞ

という事で色々と説明させて頂きましたが、まだ良さをアピールできてない箇所もございっます。詳細はサイトの「Kamikatz Rolling Room」から確認して下さいね!因みに2月、3月はプレオープン中という事で利用料半額キャンペーンを開催中との事。とてもお得期間ですし、お友達を連れて、家族やカップルでと体験してみるのはいかがでしょうか。

はい、今回は徳島県勝浦郡の『RISE & WIN Brewing co.』さんがオープンしたという、Motor Hotel「Kamikatz Rolling Room」を紹介しました。こんな事ができるRISE & WIN Brewing co.さんは凄いですね! 凄く興味津々ですし、いつか泊まりたいなぁ~と思う、ビアっぷるでした(´▽`)

今回は、ここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、ブログでお伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 徳島地ビールフェスタ2019(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、2016年から開催されてる徳島県の…
  2. ノースアイランドビール(ロゴ)1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道は江別市の『NORTH IS…
  3. Inazuma Beer(イナヅマビール_ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回はビアナビ初登場となる東京都港区…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。https://beer-navi.net/823…
  5. SHIKI BEER(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、埼玉県は志木市にある『SHIKI …
ページ上部へ戻る