TOKYO CRAFT(東京クラフト):「BARLEY WINE(バーレイワイン)」を缶で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

以前このブログで発売日も含め紹介した2018年11月13日(火)に季節限定で発売した、『TOKYO CRAFT(東京クラフト)』さんの「BARLEY WINE(バーレイワイン)」を缶にてようやく飲めましたのでご紹介したいと思います。はい、“ようやく”と書いたのですがホントにようやくなんですがそれは後ほどという事で^^;

ビール名:BARLEY WINE(バーレイワイン)
ブルワリー名:TOKYO CRAFT(東京クラフト)
ビアスタイル:バーレイワイン
アルコール度数:9.0%
URL:TOKYO CRAFT(東京クラフト)
バーレーワイン:TOKYO CRAFT(バーレーワイン)
※詳細は公式サイトで御確認下さいませ

こちらが、その「BARLEY WINE(バーレイワイン)」の缶とビール画像です。

TOKYO CRAFT(バーレーワイン)その3
TOKYO CRAFT(バーレーワイン)その1
TOKYO CRAFT(バーレーワイン)その2

見た目ですが、缶は色合いはまさにバーレーワイン感を出してる感じですし、デザイン的にもビアっぷるの好みでさすが大手さんは見た目も重視されてますね~(´▽`)。

そして、ビールはやや透け感のある茶褐色でした。香りはプルタブを開けた時からふわぁ~っと芳醇な香りを感じ凄く好みな感じ(苦手な方にはアルコールの香りだと思います^^;)

飲み口は、口に含むと9%のアルコール感と甘さがバランスよく交わりその後に芳醇な香りが鼻から抜けます。苦味は大手さんだけに残ると思ってましたが想像以上に抑えめでしたしモルトの甘さもしっかり出てた。また、ビール自体に程よい重さにコクもあるという、予想外と言っては失礼だがビアっぷるにはかなり好みな方でしたよ~。ただ、バーレーワイン好きのビアっぷるにとってはもう少しビール自体(ボディー)に“重み”が欲しいが、バーレーワインを嗜むという事に関しては全く以て問題ないと思いました。

因みにバーレーワインはもちろんワイン酵母を使用して造るバーレーワインも一部あるのですが、基本的には『ワイン並みにアルコール度数がある』という事で醸造されてたと言われてますのでワインではありませんからお間違いのないように(^^;)。

話は戻しますが、大手ビールさんがここまでしっかりしたバーレーワインを出してくるのは驚き。そして何より“コスパ”の方が圧巻で、目が点になったくらい(・.・;)。

てっきり500円(1缶)くらいかな?と思ってたのですが、まさかの330ml缶で240円前後で購入できるという…これですね、ビアバーでマイクロブルワリー系のバーレーワインを飲むとなると熟成期間や生産量から換算されてざっくりですが、
200ml位で1,000円強はするのでビアっぷるにとってこの味でこの料金は驚愕的な料金と思いました。あの『獣になれない私たち』でも3話に『那須高原』さんのバーレーワインで貴重なナインテイルドフォックスが出ましたが、ビンテージ感が高まれば高まる程どんどん高くなりますし、とても大手さんの金額で飲める事はないに等しいレベルですwww。これぞさすが大手さんだからこそできる料金と大手さんの企業的強さを改めて実感しましたよ。でも、これならバーレーワインを飲んだ事ない方や興味をそそられてる方は是非飲んでみて欲しいビールですね!という事で、ビアっぷるは思わず3本購入したくだりになるのですが、またどこかで見かけたら追加で購入しようと思ってるレベルです。

が、しかーーーーし!大変でしたよ…この『TOKYO CRAFT(東京クラフト)』さんの「BARLEY WINE(バーレイワイン)」を飲むまでに。。。
ビアっぷるが今回は3本も勝った理由は…はい、売ってないんですよね、、、
あの成城石井さんや北野エースさん、そして違うとは思ったがリカーズハセガワさんにも行きましたが売ってない…そして見つけた!と思ったら、ペールエールしか置いてないという…かなり探しましたよ、ホント探しましたよ…で、偶然見つかったのは、某主要駅のビアっぷるが初めて聞いたスーパーさんでしたが、そこにはなぜか大量にあった上にこの料金ですから思わず3本ほど…という流れ^^;
いやぁ、発売されて既に半月は過ぎてるので売り切れてるとこが多いのか!?人気で売り切れてるのか!?それとも生産量が少なく卸先が限られてるのか!?はたまたマニアが一気に買い漁った!?等、『TOKYO CRAFT(東京クラフト)』さんのビールを扱ってても置いてなかったので何かあると思うのだが…それにしても売り切れて飲めないのかと思いひやひやしましたが、結果的に飲めたので文句はありませんし、逆に飲んで良かったと満足もしました(´▽`)

はい、という事で今回は『TOKYO CRAFT(東京クラフト)』さんの「BARLEY WINE(バーレイワイン)」を紹介しました。これはもし見つけたら1本でいいので買ってもらい是非飲んでみて下さいね!

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『AOI BR…
  2. ノムクラフト(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcr…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る