『金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)』から「アメリカンペールエール」を樽で飲んでみました~

金澤ブルワリー(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

このブログでは2度目の登場となりますが石川県は金沢市にある『金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)』さんから、「アメリカンペールエール」を樽で飲んだので紹介したいと思います。えっと、、、ビアスタイルがアメリカンペールエールという事ですが…どうでしょうか^^;

ビール名:アメリカンペールエール
ブルワリー名:金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)
スタイル:ペールエール
アルコール度数:5.0%
URL:金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)
facebook:金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)

金澤ブルワリー(アメリカンペールエール)

こちらが、その「アメリカンペールエール」のビール画像です。

見た目ですが、程よく透け感のある茶褐色ですね。
香りはホップ感が強めだが何のホップかはわからなかったが意外にも好みな香り^^;
飲み口は、ペールエールが苦手なビアっぷるでも優しいペールエールという感じで非常に飲みやすい。苦味は抑えめといよりほぼなく、甘さもほのかにあるのがまた絶妙でいいですね。ビール自体のバランスもうまく取れてる感じでペールエールの中では好みな方でした^^;

はい、この「金澤ブルワリー」さんですが、先日『ベルジャンウィート』を紹介した際に金澤ブルワリーさんとは?の様な事を書きましたが、ビア仲間より情報を聞いたので更に追記として記載させて頂きますね。その情報というのが、羽田バルで修行をされたという女性醸造家のヘッドブルワリーさんが主で醸造されてると思ってたのですが、男性で大阪出身の醸造歴20年以上のベテランさんもご一緒に主として醸造に携わってる!?様ですね。その方は2年間、両国の老舗ビアバーとなるポパイさんの新潟県魚沼市にある『ストレンジブルーイング』さんで醸造を経て今に至るとの事。因みにビアっぷるはストレンジブルーイングさんのビールは過去『CapeCod’s Fog(ケイプコッズ フォグ)』も含め、他2種類飲んだ事がありますが何れも好みではないブルワリーさんです。が、この金澤ブルワリーさんのビールをまだ2種類しか飲んでないがそれでも好みな方。この男性ベテランさんの知恵や勘、知識がより良い金澤ブルワリーさんのビールに相乗効果を齎してる感じで良さそうですね!今後、益々金澤ブルワリーさんのビールで新しいビアスタイルも飲みたくなりました(´▽`)

はい、という事で今回は『金澤ブルワリー(Kanazawa Brewery)』さんから「アメリカンペールエール」を紹介しました。皆さんももし飲める機会があったら是非飲んでみて下さいね!

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~
今回はここまで。それではまた~

PS:定番ビールの様ですが限定醸造カテゴリに入れておりますのでご了承くださいませ

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る