【ロシア】№1と言われるラガービールの「バルティカ№3」を飲んでみたが…

バルティカ(№.3)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、先日ひょんなことからロシアでNo.1と言われてる『バルティカブリュワリー』さんのラガービールとなる「バルティカ No.3」を飲む機会がありましたのでご紹介したいと思います。。因みに樽ではなく、ましてやボトルでもなくビアっぷる的には珍しい缶ですがどんな感じか楽しみですね( ´∀`)。

ビール名:バルティカNo.3
ビアスタイル:クラシックラガー
ブルワリー:バルティカ醸造所
アルコール度数:4.8%
IBU:???

はい、こちらがその「 バルティカNo.3 」のビール画像です。

見た目は、クリアなゴールドと言った感じで凄く綺麗ですね!
飲んだ感じは、苦手な海外のビールで且つ缶は…という先入観+固定観念がありながらも、飲んでみましたが…はい、香りはほのかな甘い感じで華やかさも伝わります。味はハチミツの様な甘味が鼻から抜ける感じで、非常に飲みやすい!また、思ってたより炭酸が少なめなのは意外だったがピルスナー好きのビアっぷるにとってはかなり好みのビールでしたね~☆ええ、やはり先入観や固定観念を持つのはよろしくないと改めて実感しましたよ(^^;)

しかし、初めてロシアのビールを飲んだのですが、そうか世界3位のビール消費大国となってたんですね…海外ビールに関しては過去の良いイメージがあまりなくホント興味がないに等しい現状ですので超有名なビールでもきっと勉強不足全開ですwww。まぁ、日本ではベルギーやドイツ、そしてアメリカのビールが多くイタリアやロシアのビールは日本であまり見かけないと思ってるので、偶然に飲める機会があった事は感謝感謝ではあります。

バルティカブリュワリー(フライヤー)_01

で、フライヤーを見つけたのですが、別のNo.9はストロングラガービールという事からその他も調べたのが下記になります。

No.0:ノンアルコールビール
No.1:???
No.2:ペールエール?
No.3:クラシックラガー
No.4:オーガニック
No.5:???
No.6:ポーター
No.7:エキスポート
No.8:ウィートビール
No.9:エクストラ

計10種類あるそうですが、ノンアルコールビールから色んビアスタイルを数多く醸造されてるんですね~。因みにわかったのは8種類という事で、No.1とNo.5がよくわからなかった。そしてビアっぷるがネットショップを調べて見つけたのはNo.3、No.7、No.9ばかりでその他はほぼ販売されてないのかな?それとも売り切れなのかな?何れにせよネットでの購入はその3つしかないようですが…もし興味がある方はおてまかけちゃいますが、ご自身でお調べくださませ…^^;

こう見ると日本のビールもそうですがクラフトビール文化はまだまだ若く、世界には数しれずのブルワリーさん、そしてそれを超えるビールの種類があるだけに1つでも知らないビールを飲み知れる事は嬉しい限り。とはいえ、ロシアビールに詳しい方がビア仲間にいるだろうか??と半信半疑ではありますが、もっとロシアビールを知りたいと思いました!

という事で今回は、ロシアの『バルティカブリュワリー』さんから、「バルティカNo.3」を紹介しました。ビアバー等ではあまり見かけないので、皆さんも機会があればネット等で購入して飲んでみてはいかがでしょうか。しかしまだまだこの世の中に飲んだ事のないピルスナーはたくさんあると改めて実感しましたが、またこのような機会があればどんどん先入観や固定観念を持たずに飲んでいきたいと思うビアっぷるでした( ´∀`)

次はどこの好みのピルスナーに出会えるかなぁ?
本当に楽しみです。それではまた~(^-^)

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る