『ろまんちっく村クラフトブルワリー』から限定醸造の「SMOKE LAGER(スモーク ラガー)」を樽で飲みました~

ろまんちっく村(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっく村クラフトブルワリー』さんから、限定醸造の「SMOKE LAGER(スモーク ラガー)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。ろまんちっく村さんのビールですが以前このブログで紹介した『 F -2018- 』がかなり好みでしたので、このビールもどんな感じか非常に興味津々なビアっぷるです^^;

ビール名:SMOKE LAGER(スモーク ラガー)
ブルワリー名:ろまんちっく村クラフトブルワリー
ビアスタイル:ラオホ
アルコール度数:6.3%
IBU:???
URL:ろまんちっく村クラフトブルワリー
facebook:ろまんちっく村クラフトブルワリー

コチラがその「SMOKE LAGER(スモーク ラガー)」のビール画像です。

ろまんちっく村(スモークラガー)

見た目は、濁ってるかと思いきやクリアな茶褐色で意表をつかれた。
香りは、スモーク感が離れてても感じる程でそそられる。
飲み口は、口に含んで即スモークを感じ鼻から抜ける香りはまさにビアっぷるが燻製されたと感じる強さwww
が、癖になる感じでしつこさはなくスーッと消えてく感じ。またモルトの甘さも程よく出ており苦味は控えめで飲みやすい。これでアルコール度数6.3%はちょっと危険な香りがしますがビアっぷるは好みな方でした^^;

はい、この「SMOKE LAGER(スモーク ラガー)」ですがビアスタイルはラオホですが、バレルエイジに使用したバーボン樽を解体しチップにしたものを利用し、ブルワリー側で麦芽を自ら燻製して醸造された様ですね。香りはしっかり立ってますし、味は良い意味でいつまでも燻製香が残る訳ではなくスーッと消える感じが丁度よい。ビール自体は軽めで非常に飲みやすいビールに仕上がってましたよ~☆

そういえば、以前にもお伝えしましたがボトルの『餃子浪漫(ギョウザロマン)』以外ろまんちっく村さんのビールをほぼ飲んだ事がないビアっぷる。という事で
サイトを見ると…
・麦太郎(ムギタロウ/ピルスナー)
・麦次郎(ムギジロウ/ピルスナー)
・鬼怒川温泉麦酒(キヌガワオンセンビール/ドルトムンダー)
・黒ビール(シュヴァルツ)
・IPA(インディアンペールエール)
・冬の奇跡(フユノキセキ/季節限定商品)

等々があり、限定醸造のショコラビールとしては
・ブラックブーケインペリアルスタウト
・インペリアルスタウト

と多数のビールがあるのですがこのラインナップで気になったのが、『麦太郎(むぎたろう)』です。全く度外視してたのですががまさかのザーツホップを使ったピルスナーという事でボヘミアンスタイルが好みなビアっぷるだが、これを飲んだ記憶がない。ボトル自体が微塵も興味ないので樽でこそ是非飲んでみたい。 今年機会があれば現地に飲み行けたらいいなぁ~と、密かに思ってるビアっぷるでした(´▽`)

はい、という事で今回は栃木県宇都宮市にある『ろまんちっく村クラフトブルワリー』さんから限定醸造の「SMOKE LAGER(スモーク ラガー)」を紹介しました。皆さんも機会があれば是非、飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る