『Y.MARKET BREWING』から限定醸造の「Lupulin Nectar(ルプリンネクター)」を樽で飲みました~

ワイマーケットブルーイング(ロゴ3)

今回は、2019年1月開催されたジャパンブルワーズカップで飲んだのにすっかり抜けてました。愛知県は名古屋市にある 『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから、ニューイングランドIPAの「ルプリンネクター」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ビアスタイルがニューイングランドダブルIPAというだけに興味津々のビアっぷるですが…果たして!?(^^ゞ

ビール名:Lupulin Nectar(ルプリンネクター)
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
ビアスタイル:ニューイングランドダブルIPA
アルコール度数:7.8%
IBU:19.81
URL:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
facebook:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)

コチラがその「Lupulin Nectar(ルプリンネクター)」のビール画像です。

Y.MARKET BREWING(ルプリンネクター)

見た目は、しっかり濁って正にビアっぷるの好みな感じの色ですね。
香りは、NE感全開で非常に期待させられるジューシーさ。
飲み口は、ネクターというだけに“とろ~り”を期待してたが“さらさら”という感じ。ビール自体はしっかりしておりアルコール度数が高めではあるがそれを感じさせない造りは素晴らしいですね。ただ、“甘さ”がビアっぷるが求めてるのとは違ったのが意外でした。苦味は飲み込むと残るのと“何かいる”と感じて残念ながらビアっぷるの好みではなかったですね^^;

はい、この「Lupulin Nectar(ルプリンネクター)」ですがトロピカル感が増した第2弾を飲んだようです。以前のホップからギャラクシーホップを追加したようですね!また使用されたホップですががシトラ、シムコー、ホライズンに…いましたモザイクホップさんがwww
何かいると思ったのはやはりこれだと思うのですが…^^;

ただ、意外っだたのがモザイク感に関してかなり敏感なビアっぷるですがそこまで感じなかった。あまりない事だけに使用したホップを見たらモザイクがいたのにビックリだが、今回はビールのボディ感は好みでしたがモザイクホップの香りや味とは別で、“甘さ”が違ったという感じから好みではなかった感じですね。

しかしこのビールはビア仲間からは大絶賛でほとんどの皆さんが美味しいと言ってました。ほんと大人気のビールでビアっぷるは買ってきたものの少し飲んで残りはビア仲間へバトンタッチwww
舌は十人十色と改めて感じさせられた一杯でした(^^ゞ

はい、という事で今回は『Y.MARKET BREWING』さんから限定醸造の「Lupulin Nectar(ルプリンネクター)」を紹介しました。ちょっとだいぶご紹介が遅れたのでまだあるかは定かではありませんが、人気のビールだけに皆さんも機会があれば是非飲んで見てくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報、そして新規カテゴリの“ビアおつまみ”などを紹介してます。もしご興味があれば是非そちらもどうぞ~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る