『反射炉ビヤ』から「お茶屋さんのほうじ茶エール」を樽で飲みました~

反射炉ビヤ ロゴ2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さんから、「お茶屋さんのほうじ茶エール」を樽で再飲という形ですが飲みましたので紹介したいと思います。因みに当時は7樽限定と凄く希少で、ビア仲間も『飲めなかった…』と言ってましたし、なかなか飲めない方も多かったと聞いています。ビアっぷるはファーストバッチ後の7樽限定以来なので、非常に楽しみですね~(´∀`)

ビール名:お茶屋さんのほうじ茶エール
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:17
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

コチラがその「お茶屋さんのほうじ茶エール」のビール画像です。

反射炉ビヤ(お茶屋さんのほうじ茶エール2019)

見た目は正にほうじ茶色寄りの琥珀色と言えば良いでしょうか。
香りは、ほのかに香る程度のほうじ茶感ですね(・・;)
飲み口は、飲んだ瞬間ピリピリしたのだが何だ?そしてアルコールが強調される味になり、ほうじ茶感はあるものの控えめな感じかな。甘さはないがホップの苦味は控えめで、ビール自体はライトって感じかな?ちょっと以前に比べるとかなり水っぽさが立っており、残念ながら好みではない感じになってました^^;

はい、この「お茶屋さんのほうじ茶エール」ですが、『韮山反射炉茶の庵』にて販売しているほうじ茶を使用したエールで第3弾のようです。英国伝統のエールをベースにほうじ茶の香りを出し余韻に厚みを出すためドライホッピングを追加したとの事。すいません、ビアっぷるは醸造に関しては興味がないので何ともですが、今回飲んだ「お茶屋さんのほうじ茶エール」は第3弾という事ですね。つまり3バッチ目という事で?、ビアっぷるはファーストバッチしか飲んでないのですが、見た目からそもそも違いましたが、

反射炉ビヤ お茶屋さんのほうじ茶エール

これがファーストバッチのほうじ茶エールです。どう見ても濁りがあり色ももっと明るい感じでしたね。また、その他では

・ほうじ茶の香りが減ったと感じた
・味的にほうじ茶感が減り水っぽく感じられた
・ボディがしっかりしてたのがライトに感じた


この3つもファーストバッチとの違いを感じました。あくまでも憶測になりますが、当時は7樽という事で試験的な部分も合ったかもしれません。今回はホント別物でしたがファーストバッチは原材料を今回より多く使い、そして且つ小さいタンクで醸造された?のか濃い味にできた。のが、3弾は大きいタンクで仕込んだ?のか、ほうじ茶感が薄まってしまって水っぽくなってました。と勝手に思ってますが、そもそも過程や理由はどうであれ、1口目で“違う”とわかりましたのでこれは期待度が高かっただけに非常に残念でした。反射炉ビヤさんのビール説明でも“ドライホッピングを追加した”との事ですので、それが相違を生んだのかも!?しれませんね(・・;)

うー、、、醸造をする上でビールは進化していく事はとても重要な事でもありますが、味が変わるとファンも変わってくるのも至極当然のこと。嗜好品ですのでこれが良い悪いという訳ではないのですが、第4弾も再度飲んでみたいとは思っています。が、ビアっぷるにとって“あの時”とは言わないまでも、より良い「お茶屋さんのほうじ茶エール」がまた飲みたいですね~(´∀`)

はい、という事で今回は静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さんから「お茶屋さんのほうじ茶エール」を樽で再飲を紹介しました。これはこれで好み!という方もいらっしゃるかと思いますが、皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報、そして新規カテゴリの“ビアおつまみ”などを紹介してます。もしご興味があれば是非そちらもどうぞ~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビで管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
は、絶対大切な事だと思っております。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多くビールにも色々な種類や味があるという事と、日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえる様お伝えできればと思っています。因みに企業ではなく、素人のブログですので文章力はともかく内容がおかしい場合はできる限り温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は『JAPAN BREWERS CUP…
  2. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、「JAPAN BREWERS…
  3. Two Rabbits Brewin ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、滋賀県は近江八幡市の『Two Ra…
  4. うちゅうブルーイング(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北杜市にある大人気のUCH…
  5. ディスタントショアーズ(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都は東村山市にある『Dista…
ページ上部へ戻る