BLUE MAGIC(ブルーマジック)×ろまんちっく村:5周年記念限定醸造の「原点動地(げんてんどうち)」を樽で飲みました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、栃木県宇都宮市になる『BLUE MAGIC(ブルーマジック)』さんが醸造開始5周年記念という事で、ろまんちっく村さんと限定醸造された「原点動地(げんてんどうち)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。しかしもうBLUE MAGIC(ブルーマジック)さんも5周年ですか。時が過ぎるのは早いものですね~人気も上々で今後も楽しみなブルワリーさんですね(´∀`)

ビール名:原点動地(げんてんどうち)
ブルワリー名:BLUE MAGIC(ブルーマジック)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:6.9%
IBU:8
URL:BLUE MAGIC(ブルーマジック)
facebook:BLUE MAGIC(ブルーマジック)

コチラがその「原点動地(げんてんどうち)」のビール画像です。

BLUE MAGIC(原点動地)

見た目は、凄くクリアな黄金色。
香りはニューイングランドIPAの様な感じがあるかな。
飲み口は、やはりニューイングランドIPAを感じさせる感じながらIBU8と低めながら程よく苦味。求めてる“甘さ”も感じれてライトなビールで飲みやすい感じでした。ビアスタイルはアメリカンIPAをの様ですがビアっぷるは好みな方でした(´∀`)

はい、この「原点動地(げんてんどうち)」ですが、BLUE MAGICさんが醸造開始して5年との事で、同県のろまんちっく村さんとのコラボビールという感じで発売されてますね。仕込み箇所はろまんちっく村さんのタンクでホップを贅沢に使用し、”ニューイングランドIPA”や”Brut IPA”の要素を交ぜつつ、仕上げた様ですね。だから、アメリカンIPAをながらもニューイングランド感を感じたのですね~。ビール名の「原点動地(げんてんどうち)」は、“『初回仕込みの「原点」の頃を忘れずに、これからも皆様をアッと驚かせられるようなモノを提供していく』”そういう意味を込めたネームだそうです。初心忘るべからずですね!

しかし相変わらずうしとらさんと非常に仲が良い様ですが、ビアっぷるはあまり好みではない。が、BLUE MAGICさんのビールは好みが比較的に多いビアっぷる。自分色がしっかり出てきてていいですよね!ただ、まだビアっぷるの中でBLUE MAGICさんと言えば!と言える定番ビールがないので今後は確立していけると存在感がしっかり出ていいですよね~( ´∀`)

はい、という事で今回は、栃木県宇都宮市になる『BLUE MAGIC(ブルーマジック)』さんの、醸造開始5周年記念ビールでろまんちっく村さんと限定醸造された「原点動地(げんてんどうち)」を紹介しました。飲める箇所は限られてそうですが、現地の方は是非機会があれば飲んでみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール(限定醸造)に、ビアイベント、ブルワリーの情報を紹介しております。もしご興味があれば是非そちらもみてください(^^)

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る