Be Easy Brewing:限定醸造の「あへずがしいライヴァイツェン」を樽で飲んでみました~

Be Easy Brewing(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さんの限定醸造、「あへずがしいライヴァイツェン」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。いやぁ、相変わらず方弁だと思いますが…“あへずがしい”の意味が全くわからない。調べた結果、意味は『落ち着きがない動作をすること』という意味?だそうですが、落ち着きがないヴァイツェン!?…きっとビアっぷるの調べ方が良くないと思ってますね(^_^;)

ビール名:あへずがしいライヴァイツェン
ブルワリー名:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
スタイル:ヴァイツェン
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
facebook:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)

コチラがその「あへずがしいライヴァイツェン」のビール画像です。

Be Easy Brewing(あへずがしいライヴァイツェン)

見た目は、濁った赤褐色。
香りは、言葉にするのが難しいがフルーティー?という事かな。
飲み口は、苦味は抑えめで甘さはややあるという感じかな。ボディはミディアム寄りのライトで少しだけ酸味を感じるかな?ただ、根本的に味が好みではなく残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

はい、この「 あへずがしいライヴァイツェン」ですが、公式サイトに都度最新ビールの情報が更新されてるっぽいのだが、このビールに関しては情報が見つけられず…という事でビアバーさんの説明によると、『ライ⻨特有の風味とスパイシーな味わい。バナナのようなフルーティーな香りで苦みは感じさせず軽い酸味のある口当たり』という事ですが、ライ麦を使用されてるのですね、バナナも脳に捜索願いを出してもいなかったし、何かヴァイツェン感をほとんど感じなかったので複雑な感じでしたがビアっぷるには不思議に感じたビールでした。

Be easyさんは2016年から醸造を開始してるブルワリーさんですが、もう既にこれだけの期間がありながらビアっぷるは飲む機会がほとんどない。アウトサイダーブルーイングさんで勉強をしてるだけに基本はしっかりしたビールを造りそうなのは理解できるのですが、ビール名のインパクトが強すぎて味まで覚えてるのですが、だいぶ前に飲んだ『たぢはっこIPA』のイメージがかなり残ってるんですよね…大変申し訳ないが1番最初に飲んだビールってビアっぷるは特に記憶に残ってしまうので…(^_^;)

他のビールも飲んでみないとわからないのは百も承知ですが、いかんせん身近にBe easyさんのビールがない。facebookをみる限りヘッドブルワーさんは凄く優しそうですし、一緒に働かれてる方も楽しそうに働かれてるイメージ。こんなのを見たら、今後ビアバーで見かけたら意識して飲んでみるようにしてみようかな?(´∀`)

はい、という事で今回は青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さんの限定醸造、「あへずがしいライヴァイツェン」をご紹介しました。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール(限定醸造)に、ビアイベント、ブルワリーの情報を紹介しております。もしご興味があれば是非そちらもみてください(^^)

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る