横浜ベイタワー内にOPEN予定の「REVO BREWING(レボ・ブリューイング」が凄く気になる!

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県横浜市のみなとみらい地区にアパホテル&リゾートさんが、
2019年9月20日(金)に開業予定となる『横浜ベイタワー』内に新たなブルーパブの「REVO BREWING(レボ・ブリューイング」さんが出来るようですね!まさかのアパホテルさんが、クラフトビール醸造なのか!?それとも他の企業さんと組んでのブルーパブでしょうか!?(・・;)
かなり驚きで情報もまだ少ないので恐縮ですが、これは色々な意味で楽しみではあります( ´∀`)

横浜ベイタワー(イメージ1)

ブルワリー名:REVO BREWING(レボ・ブリューイング)
場所:神奈川県横浜市中区海岸通5丁目25番(1F)
OPEN予定:2019年9月20日()
URL:横浜ベイタワー
URL:REVO BREWING(レボ・ブリューイング)
※詳細は公式サイトでご確認くださいませ

この「REVO BREWING(レボ・ブリューイング)」さんですが、

REVO BREWING(レボ・ブリューイング)その1

イメージはこんな感じで、“お店のこだわり”は、

クラフトビール醸造所併設レストラン。クラフトビールの本場アメリカのビールと出来立ての自社醸造ビール合わせ、常時20種類の生ビール楽しめます。 限定ビールやコラボレーションビールもご用意。店内はアメリカのブルワリー(ビール醸造所)を再現し、ステーキなどビールに合うお料理を豊富にご用意いたしております。

そこから、
・ブルーパブ
・自家醸造(アメリカスタイル!?)
・20タップ
・樽生で提供
というで、“お店のこだわり”からざっくりですがわかります。

そこで、やはり気になるのは…巨大なホテルというのも凄いのですが、アパホテルさんという大きな企業さんという中でクラフトビール業界参戦はビアっぷるにとってもクラフトビールが広まると考えれば凄く嬉しい事。果たしてどんな方が醸造するのか!?、そしてシステムはフルなのか?マイクロ系なのか?、そして醸造免許は間に合うのか!?と、色々と気になって仕方ないビアっぷる(^_^;)

ここからは全てビアっぷるの憶測ですが、想定するだけでもかなりの規模だと思いますが醸造に関して未経験の方が醸造する事はないでしょうし、それ相応の実績のあるヘッドブルワーさんのはず。元々国内の大手クラフトビールで醸造してる方?、まさかアメリカ系という事からの本場アメリカから有名なブルワリーのヘッドブルワーを連れてくるとかもあるかも!?

また、醸造システムはアパホテルさんというネームバリューがあれば当然フルシステム!?、若しくはそれに近いシステムかな?。この時点でマイクロブルワリーさんのみの経験では、即理想のビールを醸造するのは難しそうですから、やはりフルシステムを扱えるくらいの経験者がヘッドブルワー(※元コエドブルワリーさんの噂があり)になるかな?

そして、OPEN予定は2019年9月20日(金)となってますが、醸造免許は既に取得してるのかな?一応色々と調べてみたが、見つけきれずで…ブルーパブはOPENしても醸造は先。という事で、アメリカ系の樽生ビールと国内の樽生のゲストビールが一時的に繋がる可能性もありそうで、ホント気になります(@_@)

いやぁ、まさかこんな大企業さんがクラフトビールを醸造されるのは意外でした。横浜ベイタワーでは樽生販売+ボトル、更には自身で所有するアパホテル全てにボトルを置いて販売する販路もある。ブランディングも販路も立地もあり、これぞ大手さんの力ですね!ええ、もちろんかなりお金はかかるのは目に見えてますがwww。しかし飲み手としてはかなり楽しみなブルワリーさんですが、ヘッドブルワーの方は…かなりのプレッシャーもありそうで大変そう(^_^;)

はい、という事で今回は神奈川県横浜市のみなとみらい地区にアパホテル&リゾートさんが、2019年9月20日(金)に開業予定となる『横浜ベイタワー』内の「REVO BREWING(レボ・ブリューイング」さんを紹介しました。まだ、予定の部分が大半なので相違があった際はご了承下さいませ。なるべく情報が入り次第、少しずつでも更新できればと思いますが今後の進展が楽しみです!

最後に『ビアナビ』では、他にも最新の限定醸造ビールやビアイベント、そして気になるブルワリーさんを随時紹介してるので宜しければ見て下さいね~

今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る