秩父麦酒(ちちぶびーる):「くまとみそポテト」を樽で飲みました~

秩父麦酒(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒(ちちぶびーる)』さんから、セゾンスタイルの「くまとみそポテト」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。以前の『夏熊ラガー』の記事にて紹介しましたが、もう飲めないだろう…と半ば諦めてましたが、偶然入ったビアバーにて繋がってましたので迷わず飲んでみました~( ´∀`)

ビール名:くまとみそポテト
ブルワリー:秩父麦酒(ちちぶびーる)
スタイル:セゾン
アルコール度数:6.0%
IBU:15
URL:秩父表参道Lab.
facebook:秩父麦酒(ちちぶびーる)

コチラがその「くまのみそポテト」のビール画像です。

秩父麦酒(くまのみそポテト)

見た目は、意外にもクリアな黄金色で味噌は黄色かな?www
香りは、セゾンの酸味を感じるが味噌もポテトも…いない?www
飲み口は、ゴクリ…と、間を置いてから味噌とポテトを脳に捜索願いを出しました。何度も確認しましたが結果はいませんでした。むしろ後味の香りや味に微塵も残らなかったのだが…。えっとホップの苦味は控えめで求めてる甘さはないかな。またボディはライトで飲みやすいし、酸味はほとんど感じなくグビグビ飲む系のビールはわかるかな。ただ、正直ビール名のインパクトから考えてしまうと、かなり薄めのセゾンで特徴がないビールと思えた。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

はい、この「くまのみそポテト」ですが、何のホップを使用されたかは…facebook等にも記載がなくわからず申し訳ございません。そこは秩父麦酒さんの残念なところで、せっかく可愛いポップをいつも書かれてるだけにできれば使用されたホップを記載してもらえると嬉しいのですが…^^;

そしてこのビールは2つの観点から見れますね。
・秩父名物の“味噌ポテト”に合う麦酒
・秩父の味噌とじゃがいもを使ったビール

という事で、

秩父麦酒(くまのみそポテトPOP)

この可愛いポップには記載されてます。うーーーー、何度見ても可愛いですね~
串にささった熊のみそポテトが3つ並んでます♪( ´∀`)
はい、話はビールに戻して、冷静に判断したビアっぷるは結果的に、“みそポテトに合う麦酒はセゾンでなくても良いので話題性って感じで醸造したビール。“味噌とポテトを使用したビール”に関しては、さすがに醸造の際にこの原材料が出すぎても紙一重なビールになるので醸造過程でやや控えめにしたら、思ったより感じられなくなった?という風に思ってしまいましたwww
因みにビア仲間にも飲んでもらい同意見でしたが、これで味噌とじゃがいもを感じれる方がいたら…その舌はビアっぷるとは違うかなり特殊な舌だとも思うが会ってみたいな(^_^;)

ただ、ビアっぷるにはビールの味が好みでないのはともかく、秩父麦酒さんのおかげで少なくともビアっぷるには秩父の名物は“みそポテト”があるんだ!という事がわかりました。こういうブランディングもある種、ありですよね!そしてふと思いましたが、年内はビールでの予定が詰まってるビアっぷるですが、もし行けたら年内に『秩父表参道Lab.』にも行こうかな?ビアっぷるにはホップの苦味が残る秩父麦酒さんは苦手なビールが多いのですが、現地で飲む秩父麦酒さんなら飲めるビールが出てくるかもしれませんからね( ´∀`)

はい、という事で今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒(ちちぶびーる)』さんから、セゾンスタイルの「くまとみそポテト」をご紹介しました。ビール名のインパクトは抜群ですので、直ぐ覚えてもらえると思いますが、
皆さんも機会があれば是非、「くまとみそポテト」を飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報をPCやツイッターでもご紹介していますのでもしご興味があれば見てください。また、人気ブログランキングの“応援クリック”も、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると助かります!皆様、何卒ご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る