AOI BREWING(アオイブリューイング):「Kururi(くるり)」を樽で飲んでみました~

AOI BREWING(アオイブリューイング)ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県静岡市にある『AOI BREWING(アオイブリューイング)』さんから、静岡市文化振興財団さんとの限定コラボビールとなる「Kururi(くるり)」を樽で飲んでみましたのでご紹介したいと思います。こういう地元とのコラボビールが出てくる事は本当に良い事ですよね~( ´∀`)

ビール名:Kururi(くるり)
ブルワリー名:AOI BREWING(アオイブリューイング)
スタイル:ヘイジーペールエール
アルコール度数:5.0%
IBU:18
URL:AOI BREWING(アオイブリューイング)
facebook:AOI BREWING(アオイブリューイング)

それではコチラがその「Kururi(くるり)」のビール画像です。

AOI BREWING(くるり)

見た目は、濁りのある明るめの黄色ですね。
香りは、ヘイジーなジューシーさよりホップが強めかな。
飲み口は、開口一番で苦い!またヘイジーペールエールだけにヘイジーの感はあるのだが、いかんせんホップの苦味が強く特に喉奥に残る。また求めてる甘さはなく、ボディはミディアム寄りのライトだがコクはなくこの軽さが好まれるのかな?残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

はい、この「Kururi(くるり)」ですが、“限定醸造”という事でさらっと流していたのですが、よくよく調べると…静岡市文化振興財団さんとの限定コラビールとの事で毎年恒例?の『夜店市』にて販売されたビールの様ですね。って、夜店市がわかりませんが、ざっくり調べたら…8月10、11、12日の3日間?の様でもう終わってそうですwww。ただ、ビールは昨年と同様にアオイさんとのコラボビールを醸造された様です。

その1つめが、ビアっぷるが飲んだ

AOI BREWING(くるり)イメージ1

Kururi(くるり)で、もう1つは、静岡市美術館さんとの限定コラボビールの、

AOI BREWING(あわい)イメージ1

『間(あわい)』というビアスタイルがケルシュのビール。コチラは飲めてないので何ともですが、“酵母由来の青リンゴの香りと、フレンチホップStrissel Spaltのレモン、草原の香りが合わさってとっても爽やか。最終糖度も1にほど近く、キレも喉越しも最高のキレイな仕上がり”だそうです。って、糖度1ですか…ビアっぷるは苦手かもな^^;

また、昨年との違いは2人のブルワーさんが担当するビールを交代して醸造をされたとの事ですね。昨年のビールをご存知の方は、あーなるほど。って感じだったのでしょうかwww。とはいえこのコラボは素晴らしい。どういう流れでどう昨年からこのコラボが始まったかはわかりませんが、今後3回目、4回目と…アオイさんなのか?それとも静岡市にある他のブルワリーさんなのか?、何れにせよ長く続けてもらえると嬉しいですね~( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県静岡市にある『AOI BREWING(アオイブリューイング)』さんから、静岡市文化振興財団さんとの限定コラボビールとなる「Kururi(くるり)」をご紹介しました。まだ飲めるかはわかりませんが、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報をツイッターでもご紹介しています。また、人気ブログランキングにてクリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビで管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
は、絶対大切な事だと思っております。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多くビールにも色々な種類や味があるという事と、日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえる様お伝えできればと思っています。因みに企業ではなく、素人のブログですので文章力はともかく内容がおかしい場合はできる限り温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、久しぶりの登場となりますが神奈川県…
  2. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にある『Marca B…
  3. 志賀高原ビール ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原…
  4. 飛騨高山麦酒(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回はこのブログで初登場となる岐阜県は高山…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  今回は、静岡県は沼津市にある『沼津クラフ…

ビールリンク

ページ上部へ戻る