COEDO BREWERY(コエドブルワリー) × 堀口珈琲:コラボビール「澄虎-Sumatera-(すまとら)」を樽で飲みました~

COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログでは初登場となりますがクラフトビール業界では誰もが知る有名なブルワリーさんですね。埼玉県は川越市にある『COEDO BREWERY(コエドブルワリー)』さんから、堀口珈琲さんとのコラボビールとなる「澄虎-Sumatera-(すまとら)」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。コエドさんのビールは伽羅や毬花等飲みやすいと言われるビールがありますが、比較的ホップの苦味がみが強いのであまり好みなビールがなかったのですが、今回はひょんな事からこのコラボビールを見つけ飲んでみました~( ´∀`)

コエドブルワリー×堀口珈琲_ロゴ1

ビール名:澄虎-Sumatera-(すまとら)
ブルワリー:COEDO BREWERY(コエドブルワリー)
ビアスタイル:ラガー
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:COEDO BREWERY(コエドブルワリー)
facebook:COEDO BREWERY(コエドブルワリー)

コチラがその「澄虎-Sumatera-(すまとら)」のビール画像です。

コエドブルワリー×堀口珈琲(澄虎-Sumatera-(すまとら))

見た目は、クリアで珈琲という事からアイスコーヒーのような感じ。
香りは、珈琲を感じながらモルトの香り!?も感じれますね。
飲み口は、ホップの苦味はほとんど感じれず、珈琲の苦味に優しい酸味、そして鼻から抜ける珈琲が絶妙なバランスで素晴らしい。また、求めてる甘さはないものの、甘さが出てるのはモルトの甘味かな?ボディはライトで凄く飲みやすい中にコクもあり、清涼感もあるのが不思議。珈琲の存在とビールのマッチさから完成度の高いビールで意外でしたがビアっぷるの好みでした^^

はい、この「澄虎-Sumatera-(すまとら)」ですが、美味しい珈琲を追求した堀口珈琲さんとのコラボビール。ホップはわからずですが、使用した珈琲豆はインドネシアのスマトラ島から届いた『LCFマンデリン』との事。このフレッシュな豆を横浜ロースタリーで焙煎され、ラガースタイルの珈琲ビールに仕上げた感じですね。アルコール度数6%でありながら、アイスコーヒーの様な清涼感がありながら珈琲のコク、やや弱めの酸味、そして珈琲の香りに絶妙なモルトの甘さがマッチング。いやぁ、過去ビアっぷるが飲んだ珈琲ビールの中では、1、2位を争うレベルでした( ´∀`)

あ、その堀口珈琲さんですが、

堀口珈琲_ロゴ1

こんな感じのシンプルで珈琲色!?って感じですね。あ、因みに珈琲は比較的ほぼ毎日飲むビアっぷるですが、基本的に酸味の少ない濃い方が好み。ただ、豆まで拘るほどではないのであまり珈琲の事は知識が少なく、豆の説明はできないので恐縮ですがご興味ある方はfacebookサイト(堀口珈琲)を見て下さいね(^_^;)

しかし、久しぶりにコエドブルワリーさんを飲みましたが、やはり老舗のブルワリーさんでビール自体のバランスも素晴らしい。そしてこの「澄虎-Sumatera-(すまとら)」でブルワリーさんの底力を改めて実感したビールでした。再度このビールを飲みたいし、また機会があれば他のコエドさんのビールを久しぶりに飲んでみようかな?( ´∀`)

はい、という事で今回は埼玉県は川越市にあるにある『COEDO BREWERY(コエドブルワリー)』さんから、堀口珈琲さんとのコラボビール「澄虎-Sumatera-(すまとら)」をご紹介しました。樽で飲めるのかはわかりませんが、ボトルも一部で販売されてる様です。機会があれば是非皆さんも飲んでみて欲しいですね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報をツイッターでもご紹介しています。また、人気ブログランキングにてクリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
  2. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  3. murmur(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は日光市にある『murmur…
  4. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にあるMarca Br…
  5. 忽布古丹醸造(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造…
ページ上部へ戻る