【東京】原宿麦酒倶楽部:「ダイスケ」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場となります。東京は渋谷区にある『Harajyuku Beer Club(原宿麦酒倶楽部)』さんから「Daisuke(ダイスケ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。因みにファントムブルワリーのファーストバッチになる様ですが、初飲みがヘイジーIPAというのがかなり嬉しいビアっぷる✨。さて、どんな感じか楽しみです😄

『Harajyuku Beer Club(原宿麦酒倶楽部)』Daisuke(ダイスケ) 詳細

ビール名:Daisuke(ダイスケ)
醸造先:Amakusa Sonar Beer(アマクサソナービール)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:???
URL:Harajyuku Beer Club(原宿麦酒倶楽部)
facebook:Harajyuku Beer Club(原宿麦酒倶楽部) なし?

こちらがその「Daisuke(ダイスケ)」のビール画像です。

原宿麦酒倶楽部(ダイスケ)_01

「Daisuke(ダイスケ)」飲み応えレビュー

見た目は、ニゴニゴのくすんだ山吹色という感じでしょうか
香りは、桃っぽさとグラッシーさが強めに感じるかな
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性もそこまで感じれないかな。また求めてる甘さはない。そして口当たりの滑らかさは好ポイントでしたが、スペクトラムだなと感じる“濃い草”の様で独特なホップフレーバーからのジューシーさはほぼ感じれず。飲み後には甘さが物足りなく、苦味よりエグみっぽさが後にややココナッツ感と共に残るかな。ボディはヘヴィに近いミディアムで、もったりさもありパイントでかなり飲み疲れした。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

“愛好家”の言葉に興味をそそられる

この「Daisuke(ダイスケ)」ですが、先ず原宿麦酒倶楽部さんの事をざっくり。原宿にてクラフトビール専門ボトルショップの“Threefeet Tokyo(スリーフィート東京)”の経営が母体で、その店主さんが現状はファントムブルワリーとして『ホップ愛好家が飲みたいビール』をテーマにリリースしていくビールですね。その初醸造が、スムージーでお馴染み“Amakusa Sonar Beer(アマクサソナービール)さんに依頼したのが今回のビール🍺。ホップは、モザイクインコグニートにシトラインコグニート、更にシトラクライオ。更にスペクトラムのモザイクとタラスクライオの計5種類を使い醸造されたヘイジーIPA(相違があったらごめんなさい💦)の様です。うーん、ある意味ここまでくると凄いなと思ったが…スペクトラム+クライオ+インコグニートを使われ濃さに濃さを感じたヘイジーIPAという感じに思えたが、ヘイジーIPAの“らしさ”や“良さ”がほとんど消えてる印象😵。また公式コメントにて『飲み疲れしない様に設計された』との事ですが、濃いヘイジーを好むビアっぷるでさえMサイズでも飲み疲れすると感じたビール💧。感じ方や好みは人それぞれで大変申し訳ないが、ビール名+ホップの種類からインパクトは大だが、“愛好家が好むビール=マニアックなビール!?”という方向性かな?。決して悪い意味ではありませんが、その“愛好家”にも色々あるので今後どこを目指しているのか非常に興味を持ちました✨。こうなるとセカンドバッチを飲めるかは???だが、次はどんな形になってリリースされるのかとても気になるビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、東京は渋谷区にある『Harajyuku Beer Club(原宿麦酒倶楽部)』さんから「Daisuke(ダイスケ)」をご紹介しました。濃さの想像を遥かに超えた印象のヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る