【静岡】West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング):「Scrolls Only(スクロールズ オンリー)」を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんから、「Scrolls Only(スクロールズ オンリー)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。1週間ほど前に飲んでてブログアップをすっかり忘れてましたが、これは間違いなくブログに挙げなければいかんヤツです。ビアスタイルは苦手なペールエールですが…( ´∀`)

ビール名:Scrolls Only(スクロールズ オンリー)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
ビアスタイル:West Coast Pale Ale
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラがその「Scrolls Only(スクロールズ オンリー)」のビール画像です。

West Coast Brewing(Scrolls Only)

見た目は、超クリアで輝いてる程の黄金色ですね。
香りは…ホップの香りがふんわり優しく苦手な感じで心地よい。
飲み口は、苦手なペールエールですがこれはかなり好み!なんで?とも思うが、ホップの苦味はあるのだが絶妙なバランスと奥行きのある味で素晴らしい飲みやすさ。ボディはライトではあるがコクもあり、過去ペールエールを飲んだ中ではズバ抜けて好み。これは素晴らしく正に理想のペールエールでビアっぷるは好みでした^^

はい、この「Scrolls Only(スクロールズ オンリー)」ですが、“アマリロ、デナリ、アイダホ7、シムコーを投入しすぎてしまった”とビール説明にあるほど入れすぎたのかな?このペールエールは上記4ホップの絶妙バランスだったのか…この組み合わせはビアっぷる的に覚えておきたい。そして“シトラス&パイニー&スムーズの絶妙な調和、心地よい苦味とキレのある、どストレートなペールエール”と、ドストレートなペールエール…そうかこれがビアっぷるが求めてたペールエールなのかもしれない。ペールエールをの概念を思いっきり覆された。スーパーサンライズもかなり好みだったが、王道のペールエールでこんな味を出されては…これは是非また飲みたいですね!( ´∀`)

そして恒例の「Scrolls Only(スクロールズ オンリー)」のイメージ画像ですが、今回は…

West Coast Brewing(Scrolls Only)_image1

ふむふむ、えっと…今までと画のタッチは一緒だが雰囲気がカラフルからモノクロになったのは意図があるはず。って、そんな奥深くはわからないがビアっぷるが感じたのは、これがビールコメントにあった“アルケミストが残した巻物”を真ん中に置いて、上下の矢印は、ひたすら飲み続けられるビールだよ。って事でしょうか?ええ、ビアっぷるが勝手に想像してますで合ってる気がしないのでそこは悪しからずwww。また、右上にいるホップさんが矢印の上を歩いてますが…これはホップ(ビール)のバランスを取ってるんですよ。という事だと思うのですが…画で理解するって難しいですね~(^_^;)

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんから、「Scrolls Only(スクロールズ オンリー)」をご紹介しました。これは苦手なペールエールの概念を覆されたビールでしたが、皆さんがどう感じるかは人それぞれですからね。でもペールエールでシンプルだから…ではなく、是非機会があれば一度飲んでもらいたいビールです!

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報をツイッターでもご紹介しています。また、人気ブログランキングにてクリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
  2. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  3. murmur(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は日光市にある『murmur…
  4. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にあるMarca Br…
  5. 忽布古丹醸造(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造…
ページ上部へ戻る