【青森】Be Easy Brewing:「~おもしぇけやぐ~ 楽園グアバアイスキャンディー」を樽で飲んでみました~

Be Easy Brewing(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さんの、「~おもしぇけやぐ~ 楽園グアバアイスキャンディー」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。うーん、ビール名からはグアバを使ったアイスキャンディー!?って感じの、ビール…しかわからないwww。さぁ、どんな感じでしょうか( ´∀`)

ビール名:~おもしぇけやぐ~ 楽園グアバアイスキャンディー
ブルワリー名:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
スタイル:Berliner Weisse
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
facebook:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)

コチラがその「~おもしぇけやぐ~ 楽園グアバアイスキャンディー」のビール画像です。

Be Easy Brewing(~おもしぇけやぐ~ 楽園グアバアイスキャンディー)

見た目は、明るめ薄濁りした黄色って感じですね。
香りは、最初にふわっと何故か“ニッキ”を感じた後にグァバを感じフルーティーさが爽やか。
飲み口は、ホップの苦味はない。またグアバの甘さと何か少し強めな酸味を感じるのはなんだろう?。また、ビアっぷるが求めてる甘さではないラクトースかな?甘さにまろやかさも感じる。ボディはライトで飲みやすいし、水っぽさもなく飲み込んだ後に奥深さを感じるビール。あまり飲んだ事がない感じのビールだが、意外にも好みな方でした^^;

はい、この「~おもしぇけやぐ~ 楽園グアバアイスキャンディー」ですが、相変わらずのビーイージーさんですが先日飲んだ『がちゃめぎパッションフルーツバニラシェイクIPA』とほぼ一緒で、バニラとラクトースを使用して醸造されたビールが多いですね。ビアスタイルはベルリーナー・ヴァイセとの事で、どうやら東京の東中野にある『醸造酒&燻製 十』さんと一緒に醸造された様ですね。フルーツのグアバの甘さと、気になった酸味は“サワー”の酸味が出てる感じだったのかぁ…と思いましたがバランス良いビールで一緒にいたビア仲間は大絶賛してましたよ♪

しかしこのネーミング…何というか独特ですよね、毎回^^;。まぁ“~おもしぇけやぐ~”もわからないが、ビールに“アイスキャンディー”の言葉。不思議でならないがこれシリーズ化されてるビール名なんですね?ビアっぷるはビーイージーさんのビールは基本的にはあまり飲まないので、基本的に情報が疎い。ビア仲間が大絶賛という事は、他のアイスキャンディーもあるって事ですね。今後は気をつけて、新たなアイスキャンディーシリーズを見つけたら飲んでみたいと思います( ´∀`)

はい、という事で今回は青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さんの、「~おもしぇけやぐ~ 楽園グアバアイスキャンディー」をご紹介しました。ええ、ビール名には入ってるがビールにはアイスキャンディーは入ってませんので安心して下さいね!(^_^;)。皆さんも機会があれば、是非飲んでみて下さーい。

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る