【長野】志賀高原ビール:「IMPERIAL COFFEE POTER(インペリアルコーヒーポーター) 窒素ver.」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 

今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、第1弾から約1年近くかかった様ですが、2020年版の「IMPERIAL COFFEE POTER(インペリアルコーヒーポーター) 窒素ver.」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。このブログでは昨年に、“通常ver.”と“窒素ver.”の両方を飲んでましたので良かったら比較してみてくださいね~。さぁ、その第2弾ですがどんな感じに仕上がってるのか気になります( ´∀`)

志賀高原ビール(インペリアルコーヒーポーター2020)_イメージ1

ビール名:IMPERIAL COFFEE POTER(インペリアルコーヒーポーター) 窒素ver.
ブルワリー:志賀高原ビール
スタイル:インペリアルコーヒーポーター
アルコール度数:8.0%
IBU:80
ボトル限定数:3,378本
URL:志賀高原ビール
facebook:玉村本店

コチラがその2020年版の「IMPERIAL COFFEE POTER(インペリアルコーヒーポーター) 窒素ver.」のビール画像です。

志賀高原ビール(インペリアルコーヒーポーター 2020 窒素ver.)

見た目は、真っ黒で泡がやや茶色のクリーミーな感じ。
香りは、コーヒー!コーヒー!コーヒー!って感じ。
飲み口は、ホップの苦味もさる事ながらコーヒーのローストの苦さも予想以上に感じますし、持続力もあり…ダブルで苦し!www。アルコール度数8.0%ながら求めてる甘さがないが、窒素が入ってるだけに口当たりはまろやかなで柔らかい。ボディはミディアムって感じですが、ビールというよりコーヒーを強く感じてもう少しビール感が欲しと思いました。残念ながら苦味が強すぎて、ビアっぷるの好みではありませんでした^^;

この「IMPERIAL COFFEE POTER(インペリアルコーヒーポーター) 窒素ver.」ですが、第一弾に続き、題2弾が1年近くかかったがマニアにとっては待望のビールでしょうね。ホップは…わかりませんが、今回のコーヒー豆は『ニカラグアの FINCA LOS CONGOS のパカマラ種の豆』をたっぷり使用したとの事。毎日コーヒーを飲んでるもののコーヒー豆はそこまで詳しくないですが、超高級なコーヒー豆!?という事でしょうね(^_^;)。また、IBUが80と前回に比べ更に苦味アップされた中に窒素ver.でも苦味がしっかり感じるビール。これ窒素が入ってなかったら…ビアっぷる飲めないかも!?。ただ、それでもビールのバランスはやはり絶妙で素晴らしい。本音はコーヒーは十分感じれるのでもっとビール感が欲しいと思ってはいるが、インペリアルでポーター…と、ベースが“ポーター”と考えれば飲みやすくなってるのかな?あ、因みにビア仲間は絶賛でしたので、毎度の事ながらビアっぷるの舌が特殊という事ですねwww。ええ、通常ver.の方は…時に流れに身を任せて飲む気になれば飲みたいと思います( ´∀`)

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、志賀高原さんにて限定醸造の「IMPERIAL COFFEE POTER(インペリアルコーヒーポーター) 窒素ver.」をご紹介しました。超人気のレアビールというのは間違いないでしょうが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

最後に『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を、人の舌は十人十色という事で独自の感想にて毎日ご紹介しています。また、このブログをいち早くツイッターでも確認できますので宜しければ参考にしてくださいませ。それと『人気ブログランキング』にて、クリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますので、もし良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビで管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
は、絶対大切な事だと思っております。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多くビールにも色々な種類や味があるという事と、日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえる様お伝えできればと思っています。因みに企業ではなく、素人のブログですので文章力はともかく内容がおかしい場合はできる限り温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアへるん(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  今回は、島根県は松江市にある『ビアへるん…
  2. CRAFTROCK CIRCUIT’20(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、2014年から?の音楽とクラフトビ…
  3. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、一瞬目を疑いましたが…何とあの昆虫…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、久しぶりの登場となりますが神奈川県…
  5. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にある『Marca B…

ビールリンク

ページ上部へ戻る