『志賀高原ビール』から「Imperial Coffee Porter(インペリアルコーヒーポーター) 窒素ver.」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール ロゴ

はい、前回もこの志賀高原ビールさんの「Imperial Coffee Porter(インペリアルコーヒーポーター)」をブログで紹介しましたが、今回は同ビールにはなりますが“窒素ver.”を配合したパターンを飲みましたのでご紹介したいと思います。さぁ、窒素入りのビールを飲むのは久しぶり!?ですが、どんな感じになるか非常に興味津々なビアっぷるです^^;

ビール名:Imperial Coffee Porter(インペリアルコーヒーポーター) 窒素Ver.
ブルワリー名:志賀高原ビール
ビアスタイル:インペリアルコーヒーポーター
アルコール度数:8.0%
IBU:71
URL:志賀高原ビール

コチラがその「Imperial Coffee Porter(インペリアルコーヒーポーター) 窒素Ver.」のビール画像です。

志賀高原ビール(インペリアルコーヒーポーター 窒素ver.)

見た目は、泡が凄く綺麗できめ細やか、色は真っ黒で全く透けない感じ。
香りは、通常バージョン同様でコーヒー感満載ですね。
飲み口は、ホップの苦味が後からしっかり追いかけてくる程の苦さだが嫌な感じがしない。ビール自体はまろやかですし、ボディは一見重そうではあるが凄く飲みやすい。甘さはないが、ホップの苦さがしっかりわかるがビアっぷるの好みな方でした^^;

はい、この「Imperial Coffee Porter(インペリアルコーヒーポーター)」ですが、正直この2バージョンに関しては自分の舌を疑ってますwww
というのも、最初に飲んだのはホップの苦味よりコーヒーの苦さが引き立ってるという感想で好みではなかったのが、今回の窒素Ver.はコーヒー感もあるがホップの苦味をしっかり感じれるのに好みな方という…どっちだよ!?みたいな感想になってます。とは言っても、今まで同様で感想は思った事を素直にお伝えしてるので何か変えてる訳ではない。となると、今回配合された窒素さんが良い意味で何かしでかしてくれてる…というしかなくなりますねwww

はい、窒素が入ることによりどうなるか?…えっと、飲み口がまろやかになりました。という返答にしておきます。その辺はプロではないので自身がどう感じるか?好みか?好みでないか?だけしか興味のないビアっぷるですので深くツッコまないで下さいね~(^^ゞ

ただ、あまり多くは語らないが、クラフトビールを飲み始めた頃は窒素Ver.ばかり飲んでましたよ。当時は窒素入りばかりでしたので大半のビールが通常(窒素配合なし)とは違った味わいと後で知りましたけどねwww
そんな中で勉強したのは、窒素の配合量によって同じビールでも更に味が変わるという事。これは一応表面上では理解しましたし、炭酸ガスが少なくなるので量を飲めるという事も把握しました。今はビールが好みか好みでないかしか興味がないので窒素の有無は特に拘りはないですけどねwww

しかし今や窒素を入れてもいいよ。というブルワリーさんは多くなりましたが、当時は一部の飲み手にも批判をされたり、一部のブルワリーさんからは窒素を配合するなら…という事で卸すのもどことは言いませんがNGが出る事も事実ありました。懐かしいお話ですが、未だに自身で最強だったなと思う窒素を配合されたビールがあります。こちらも敢えて記載しませんがあのビールを今だからこそどう感じるのか?、もう1度飲んでみたいと思っていますが…いつかどこかでまたあのビールが飲めるといいなぁ~。と、もう99%ありえない事!?を言ってみました(´∀`)

はい、という事で今回は『志賀高原ビール』さんから「Imperial Coffee Porter(インペリアルコーヒーポーター) 窒素Ver.」を紹介しました。少し時期が過ぎましたし、窒素を配合してるビアバーさんへ行かないと飲めないので何ともですが、もし飲める機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報を紹介しております。もしご興味があれば是非みてくださいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さ…
  2. RISE & WIN Brewing co.(ライズ アンド ウィン)ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、徳島県は勝浦郡にある『RISE&a…
  3. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さ…
  4. 秋田あくらビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、秋田県秋田市にある『秋田あくらビー…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第22回目となる「全国地ビー…
ページ上部へ戻る