【鹿児島】城山ブルワリー:「小みかんIPA」を樽で飲んでみました~

城山ブルワリー(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、鹿児島県は鹿児島市にある『Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)』さんより、「小みかんIPA」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。昨年の10月に“万咲IPA(まあざくIPA)”を飲んだ以来でハイレベルと思えるブルワリーさんですが、そもそもあちこちで飲めるブルワリーさんではないだけにビアっぷる的に飲めるだけでも感謝という感じです😄

城山ブルワリー(トップイメージ)_01

『Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)』小みかんIPA 詳細

ビール名:小みかんIPA
ブルワリー:Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)
ビアスタイル:フルーツIPA
アルコール度数:5.8%
IBU:56
URL:Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)
facebook:Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)

こちらがその「小みかんIPA」のビール画像です。

城山ブルワリー(小みかんIPA/2021)_01

小みかんIPA」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りな感じのブラウン系
香りは、みかんの爽やかな感じが心地よいですね
飲み口は、ホップの苦味は程よく感じながら、持続性もややあると言った印象。また求めてる甘さは感じなかった。柑橘のフレーバーからみかんの優しい味が残り、後味には程よいホップの苦味。エグみもなく、ボディはミディアム寄りのライトでとても飲みやすい。ビール自体もバランスが取れて素晴らしい造りではあるが、特徴が“シンプルなみかんのIPA”という感じで、もう1押し何か欲しく残念ながら好みには至りませんでした💦

シンプルながら、🍺バランスもさすが…

この「小みかんIPA」ですが使用されてるホップは、シトラクライオとアイダホ7の2種類を使用し、原材料には鹿児島の“桜島小みかん”の果汁を使い醸造されたフルーツIPAですね。城山さんの🍺と言えばビアっぷるの印象はビールの造りは素晴らしい!という感じだが、“ホップの苦味”が残る印象。ただ今回はIBUが56との事だが、思ったより苦味が控えめなのは意外で、柑橘系のホップフレーバー+小みかんの存在を香りと後味で表現されてるので、決して派手さはないが、爽やかなみかん🍊と程よいホップの苦味を好む方にはとても好まれそう✨。

色味が摩訶不思議👀

ただ、1つ気になってるのが…

城山ブルワリー(小みかんIPA/2021)_イメージ01

ポップのビール色と実際の🍺の色味がここまで違うか!?と思った程👀、まぁみかんの味がしたのは事実なので、間違いはないのだろうが…摩訶不思議でした😅

はい、という事で今回は、鹿児島県は鹿児島市にある『Shiroyama Brewery(城山ブルワリー)』さんより、「小みかんIPA」をご紹介しました。ビアバーで飲める環境が只でさえなくなる中でより飲める箇所が少ないブルワリーさんの🍺。皆さんももち飲める機会があれば飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る