【静岡】West Coast Brewing:PERFECT FEED(パーフェクト・フィード)を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「PERFECT FEED(パーフェクト・フィード)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。ラグビーワールドカップを意識したビールでしょうか???ニュージーランド産のホップを使用し、フライヤータイムも。そして気になるビアスタイルのアンバーIPA!?どんな感じでしょうか( ´∀`)

ビール名:PERFECT FEED(パーフェクト・フィード)
ビアスタイル:アンバーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラがその「PERFECT FEED(パーフェクト・フィード)」のビール画像です。

West Coast Brewing(パーフェクトフィード)

見た目は、アンバー?おちう感じで薄濁りのある茶色かな。
香りは、表現が難しいがラズベリーがいる気がする。
飲み口は、ホップの苦味は控えめだと思ったが喉奥で少し残る程度。求めてる甘さがないのだがラクトースの様な味を感じるのはビアっぷるだけでしょうか?ボディはミディアムで、一見水っぽい!?と思ったのだが飲み込むとがビール自体がしっかりしておりさすがですね。アンバーという事で固定概念は良くないがモルティさがないのは意外でしたが、残念ながら好みではありませんでした^^;

この「PERFECT FEED(パーフェクト・フィード)」ですが、シングルホップとの事でニュージーランド産の『NZパシフィックジェード』というホップを大量に使用したとの事。このホップの味は意外にもビアっぷるは好みと感じたのだが、モルティではないアンバーをあまり飲んだことがなく不思議な味でした。ビール説明には“マーマレードやラズベリーなどの甘い味わい”を持つ。との事だが、やはり人の舌は十人十色ですね。これに甘さを感じる方と感じない方がいるという事。人の舌って面白いですね~、好みではなかったものの新しい味という感じはしたので、面白みを感じたビールでした^^

そして恒例のビールフライヤータイムですね!。

West Coast Brewing(パーフェクトフィード)_フライヤー

今回は、これ!って、ラグビーワールドカップを意識された感じですね(^^♪。手前は左右のホップさん達がスクラムを組む前?でしょうか。真ん中には、ボールがありますがこれビールだったら…と想像下の歯ビアっぷるだけでしょうかwww。そして右上の後ろの方には、“HOP DUICE RUGBY”と記載されてるのかな?ホップのラグビーワールドカップが開催されてる感じで面白いですね~♪遊び心とユーモアがあってウエストコーストさんのフライヤーは毎度楽しみにしているビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「PERFECT FEED(パーフェクト・フィード)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば是非、飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る