【北海道】のぼりべつ地ビール鬼伝説:金鬼ペールエール(ソラチ・シトラver.)」を樽で飲んでみました~

鬼伝説地ビール(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は登別市にあるのぼりべつ地ビール鬼伝説さんから、「金鬼ペールエール(ソラチ・シトラver.)」をご紹介したいと思います。超定番で大人気の金鬼ペールエールのホップが違うver.という事で、ビアっぷる的にはソラチエースが使われてるのであれば…という事で飲んでみました(^_^;)

ビール名:金鬼ペールエール(ソラチ・シトラver.)
ブルワリー:のぼりべつ地ビール鬼伝説
スタイル:ペールエール
アルコール度数:5.5%
IBU:40

こちらがその「金鬼ペールエール(ソラチ・シトラver.)」のビール画像です。

鬼伝説地ビール(金鬼ペールエール(ソラチ・シトラver.))

見た目は、かないクリアな黄金色で綺麗ですね~
香りは、思ったより控えめでそこまで香りが出てないかな。
飲み口は、ソラチエースの草っぽさが良い方に出ており爽やかさも感じる。ホップの苦味が喉奥で残るものの、スッと消える感じかな。また、ソラチの余韻とシトラの柑橘系がうまくマッチして絶妙なバランスがこれまた素晴らしい。ボディはライトで凄く飲みやすく、金鬼シリーズの中では一番好みなペールエールでした( ´∀`)

この「金鬼ペールエール(ソラチ・シトラver.)」ですが、ホップはソラチエースとシトラを使用してるようですね。ビアっぷるは鬼伝説さんの金鬼ペールエールは苦味が強く好みではないので基本的にほぼ飲まなかったのですが、こうやって色んなホップを使って醸造されるので好みのホップがあれば飲んでみようかな?と思える試みは嬉しいですね。そのおかげでまさかのこの“ソラチ・シトラver.”は好みだったので意外な発見でした(^_^;)。

あ、次は『金鬼ペールエール(ギャラクシーver.)』が出る?出てる?ようですね。という事でギャラクシーホップが好みの方はいいが、ビアっぷるはギャラクシーはそこまでですし、苦いだろうな…というイメージでスルーしようと思ってますwww。その他で気になったのが、機会があれば是非飲んでみたいのが『NEW登別東インターIPA』。何だこのビール名は…とうとう高速道路のインターをモビール名に!?面白いしインパクト抜群ですねwww。アルコール度数7.0%でIBU35、是非飲んでみたいですね( ´∀`)

はい、という事で今回は北海道は登別市にあるのぼりべつ地ビール鬼伝説さんから、「金鬼ペールエール(ソラチ・シトラver.)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば、是非飲んで見てくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ヨロッコビール(ロゴ01)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県は鎌倉市にある『Yor…
  2. TKBrewing(ロゴ01)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県川崎市にある『TKBrew…
  3. うちゅうブルーイング(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、山梨県は北杜市にある大人気の『UC…
ページ上部へ戻る