【山梨】UCHU BREWING(うちゅうブルーイング):「STARDUST 巨峰」を樽で飲みました~

うちゅうブルーイング(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県は北杜市にあるUCHU BREWING(うちゅうブルーイング)さんから、「STARDUST 巨峰」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。凄い人気ですね…うちゅうさんのビールが繋がるだけでビアバーさんもいつもより更に盛り上がる、強烈なインパクトを与えてるブルワリーさん。これを機にもっとクラフトビールを知ってもらえると嬉しいですね~( ´∀`)

ビール名:STARDUST 巨峰
ブルワリー名:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
ビアスタイル:FRUIT HAZY IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:???
URL:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
facebook:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)

コチラがその「STARDUST 巨峰」のビール画像です。

うちゅうブルーイング(STARDUST 巨峰 2019

見た目は、ヘイジーらしい濁りのある黄色ですね。
香りは、程よいジューシーさの後にぶどうの余韻がちゃんとある感じ。
飲み口は、ちゃんと巨峰を感じれながらジューシーでヘイジーなビールですね。ホップの苦味はあるがスッと消える程度でしつこくないですね。求めてる甘さは少ないが感じる。ボディはミディアムで飲みやすく、巨峰の余韻とヘイジー感がうまくマッチしてるし、温度が上がってきて飲み込んだ後にどんどん巨峰を感じるのも嬉しいですね。このヘイジーは好みな方でした( ´∀`)

この「STARDUST 巨峰」ですが、ホップはシトラとネルソンソーヴィンとヴィックシークレットの様です。ビアっぷるがやや苦手なネルソンソーヴィンが入ってるが、そこはあまり感じさせない絶妙なバランスでした。また、巨峰ですが“ぶどうの妖精”と呼ばれているぶどう農家、『フォレストサイド横森ぶどう園』さんの巨峰を絞って使用してるとの事ですが、ビールになってもこの巨峰の味をしっかり残して醸造されてるのは、ビール名にも負けない“ヘイジーな巨峰感”が出ておりこの巨峰の良さもビアっぷるには伝わりました。もちろん農家さんも一生懸命作られた巨峰ですからきっと嬉しいでしょうね!素晴らしい限りです。

そしてまだ飲めてない方は飲みたいという気持ちが強いでしょうが、ボトルもあっさり売り切れてる感じの様です。

うちゅうブルーイング(STARDUST 巨峰 2019)_イメージ1

相変わらず画像が綺麗でこういうところも飲み手にとっては“飲みたいな”と意識させる要素ですよね。毎度同じ事を言ってる感じですが、今後もよりクラフトビールの裾野を広げて頂くべく、より良いビールを醸造して頂けると嬉しいですね( ´∀`)

はい、という事で今回は山梨県は北杜市にあるUCHU BREWING(うちゅうブルーイング)さんから、「STARDUST 巨峰」をご紹介しました。もうかなり有名でなかなか手に入らないブルワリーさんのビールですが、皆さんも機会があれば、是非飲んで見てくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る