【山梨】UCHU BREWING(うちゅうブルーイング):「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」を樽で飲みました~

うちゅうブルーイング(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、山梨県は北杜市にあるUCHU BREWING(うちゅうブルーイング)さんから、「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。相変わらず人気の様ですが、ビアバーさんにもちょくちょく繋がる様になり環境がやや安定してきたのかな?今回はビール名に“SENSEI”と付いてますが宣誓!?先生?…さて意味は!?(^_^;)

ビール名:宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)
ブルワリー名:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
ビアスタイル:HAZY IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)
facebook:UCHU BREWING(うちゅうブルーイング)

コチラがその「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」のビール画像です。

うちゅうブルーイング(宇宙SENSEI)

見た目は、濁りのあるかなり明るい黄色って感じでいかにもヘイジーですね。
香りは、ヘイジー感が全開でジューシーさとホップを感じるかな。
飲み口は、ホップの苦味が控えめだが喉奥でやや苦味が残る程度。求めてる甘さはどうやらラクトースを使ってる様だがその甘さもほとんど感じない。ジューシーさがありコクも程よくあるのだが、好みとしては糖度が低いせいか何か物足りないな。ボディはミディアムのライト寄りだが残念ながら好みではありませんでした^^;

この「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」ですが、毎度解像度や背景、そしてバランスが素晴らしいと感じる、

うちゅうブルーイング(宇宙SENSEI)_イメージ1

画像を貼ってきおきます。ビール内容ですが使用ホップはカシミアとシトラ、そしてネルソンソーヴィンにて醸造されてるようです。また、柔らかい口当たりは凄く理解できたし、大量のホップを使用したとのことだがこの苦味の部分がかなり控えめなのはヘイジーらしく思ったより癖がない分飲みやすいとは感じました。ただ、facebookのビール説明にあった“優しい甘さ”という事に関しては、ラクトースをほとんど感じなかったんですよね。ここからは好みの話になりますが、ひょっとしたらビアっぷるの舌で“甘さに求めてる糖度の高さ”まで届いてない分感じなかったのかな?と勝手に想像しています^^;

で、冒頭でもお伝えした“SENSEI”の部分ですが、どうやら『先生』の様ですね。コンセプトに、五次元フルーツマスターうちゅう先生秘伝のレシピで仕込んだオーツIPA。「君は宇宙のままでいいんだぜ!」by うちゅう先生。とあります。ええ、きっとうちゅう先生が醸造したビールという感じで“先生”がいらっしゃったんですね~www。しかし言葉は悪いが、かなりぶっ飛んだ宇宙語を使う先生だけに理解に苦しむビアっぷるですが、これはこれで異次元で楽しく今後もぶっ飛んだまま新たなビールを醸造してほしいですね!( ´∀`)

はい、という事で今回は山梨県は北杜市にあるUCHU BREWING(うちゅうブルーイング)さんから、「宇宙SENSEI(うちゅうせんせい)」をご紹介しました。相変わらず人気なブルワリーさんですが、皆さんも飲める機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る