【栃木】ろまんちっく村クラフトブルワリー:「Cascade Premium Lager(カスケードプレミアムラガー)」を樽で飲みました~

ろまんちっく村(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっく村クラフトブルワリー』さんから、限定醸造の「Cascade Premium Lager(カスケードプレミアムラガー)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。このビールは毎年1度しか醸造されないというビールとの事でビアっぷるは初飲み。ビアスタイルはヘレスボックという事で、非常に楽しみなビアっぷるです( ´∀`)

ビール名:Cascade Premium Lager(カスケードプレミアムラガー)
ブルワリー名:ろまんちっく村クラフトブルワリー
ビアスタイル:ヘレスボック
アルコール度数:7.5%
IBU:???
URL:ろまんちっく村クラフトブルワリー
facebook:ろまんちっく村クラフトブルワリー

コチラがその「Cascade Premium Lager(カスケードプレミアムラガー)」のビール画像です。

見た目は、クリアな感じの琥珀色かな。
香りは、想像以上にホップの香りがガツンとくる感じですね。
飲み口は、意外にもホップの苦味は控えめで喉奥で程よく残る感じが良い。また、ビアっぷるの求めてる甘さではないが、麦からの甘み?から甘さを感じれたのがビアっぷるの推したいポイント。アルコール度数7.5%なのにとても飲みやすい。ボディはライトでスイスイ飲める感じでシンプルな中にもバランスも良くビールの奥深さを感じましたす。ビアっぷるには好みな方でした^^;

この「Cascade Premium Lager(カスケードプレミアムラガー)」ですが、ホップはビール名の如くカスケードホップを大量に使用した年に1度限定醸造されるビールですね。また、“世界9カ国の原材料で仕込んだプレミアムラガー”との事で世界9カ国を調べていくと、どうやら栃木県のツインリンクもてぎで2019年10月18~21日まで開催された?『MotoGP』向けで限定醸造されたビールのようですね。ろまんちっく村さんは、このイベントに毎年出店され限定醸造ビールを提供してたのですか…知らなかった(・_・;)

余計な話になりますがMotoGPと言えば、ビアっぷる500CCクラス限定ですがかなり観てました。うるおぼえながら当時は、M・ドゥーハンやW・ガードナー、W・レイニー、そして何とかシュワンツというレーサーもいたような…等など、かなり好きで観てましたね。ええ、その中でもロスマンズカラーのドゥーハンが1番好きでした♪話は逸れましたが、今や(当時も!?)クラフトビールが提供されるMotoGPなんですね?その他にも出店されてたかはわかりませんが、この様な箇所でも日本のクラフトビールが提供されるのは嬉しい事。より多くの方が日本のクラフトビールのことを知ってもらえる事を願うビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は宇都宮市にある『ろまんちっく村クラフトブルワリー』さんから、限定醸造ビールの「Cascade Premium Lager(カスケードプレミアムラガー)」をご紹介しました。まだ飲めるのかな?という感じですが、みなさんももし見かけたら是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る