【静岡】反射炉ビヤ:「伊豆のグァバシェイクIPA」を樽で飲んでみました~

反射炉ビヤ ロゴ2

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんから、限定醸造の「伊豆のグァバシェイクIPA」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。“グアバ”を使ったシェイクIPAという事でグアバを感じるフルーティーでやや甘さが残るビールという想定ですが、どんな感じか楽しみですね~(´∀`)

反射炉ビヤ(NEWイメージ)

ビール名:伊豆のグァバシェイクIPA
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:5.5%
IBU:???
サイトURL:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「伊豆のグァバシェイクIPA」のビール画像です。

反射炉ビヤ(伊豆のグァバシェイクIPA)

見た目は、濁りが少なめのやや琥珀よりにも見える感じですね。
香りはグァバというよりはフルーティーさと少しだけ酸味も感じます。
飲み口は、ホップの苦味は少々喉奥で感じる程度でほとんど気にならないですね。また求めてる甘さではない甘さを感じるがちょっと足りないかな。ただグァバ感は残りながら酸味とフルーティーさからも非常に飲みやすい。ボディはライトめでやや“水っぽく”感じるのが残念で、ビアっぷるの好みではありませんでした。

この「伊豆のグァバシェイクIPA」ですが、ホップはアマリロ、シトラ、ギャラクシー、モザイクホップを使用した様ですね。ええ、モザイク感は思ったよりあまり感じなかったのですが、他のホップに比べて量がそこまで入ってなそうでした。またグァバですが、南伊豆産の『ストロベリーグアバ農園』さんで栽培された赤いグァバの実を、煮沸段階で投入しじっくり煮込んでラクトースを加えて完成したビール。甘酸っぱさはかなり控えめでしたが、グァバ感は口の中に残りフレーバーでも出てましたが、いかんせん甘さがビアっぷるには物足りないのとビアスタイルがHazyという事だが、ちょっと濁りが少なめ?と感じましたがこれは想定内だったのかなぁ…??(^_^;)

ビールの話はこのくらいにして話は変わりますが、先週末に静岡の食材やビールを中心とする、御徒町のビアバーさんの『ビアバール丸々』さんで反射炉さんのタップテイクオーバーが開催されてたようですね。

ビアバー丸々 御徒町店(ロゴ1)

ラインナップはちょっとわかりませんが、オリジナルビールの“ハットリコッテリIPA”という、ホップがかなり効いたIPAが注目だったそうです。記憶に残るビール名ですがホップが強めという事で、ビアっぷるは記憶の残らないビールかな?www。ただ、最近のビールはヘイジー系でホップの苦味が控えめが多く、ホップが効いたビールはかなり少なくなってるのも事実でホップロスの方も多いのでは!?、ホップ好きの方にはガツン!とくるビールで、もう開催は終わってしまいましたが、当日は好まれた方も多かったかもしれませんね~( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ』さんから、限定醸造の「伊豆のグァバシェイクIPA」をご紹介しました。シェイクIPAって最近アチコチで醸造されてますが人気なんでしょうね。皆さんももし機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る