【京都】京都醸造:「大地の賜り物」を樽で飲んでみました~

京都醸造(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんより、「大地の賜り物(Gift Of The Fields)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。京都さんのサワーは好みなのが多いが、セゾンはあまり飲む機会が少ないイメージ。ホップはモテュエカのみ?を使用したセゾンとの事で飲んでみました~( ´∀`)

京都醸造(イメージ)_03

『kyoto brewing(京都醸造)』大地の賜り物(Gift Of The Fields) 詳細

ビール名:大地の賜り物(Gift Of The Fields)
ブルワリー:Kyoto Brewing
ビアスタイル:ストロングセゾン
アルコール度数:7.0%
IBU:19
URL:Kyoto Brewing(京都醸造)
facebook:Kyoto Brewing(京都醸造)

こちらがその「大地の賜り物(Gift Of The Fields)」のビール画像です。

京都醸造(大地の賜り物)_01

大地の賜り物(Gift Of The Fields)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな琥珀色という感じでしょうか
香りは、セゾン酵母の感じがやや苦手かも…
飲み口は、ホップの苦味はほとんどなく持続性もないかな。また、求めてる甘さはない。ややスパイシー感に柑橘さを掛合わさった感じと、後からライムの様なホップフレーバーが華やかに押し寄せてくる印象。ボディはライトでやや飲み応えはあるものの多分酵母感が苦手…で、残念ながら味的に好みではありませんでした^^;

シングルホップで、ライモルトは20%使用

この「大地の賜り物(Gift Of The Fields)」ですがホップはニュージーランド産のモテュエカの1種類のみ、そしてモルトにライモルトを20%使用され伝統的なセゾンを現代風にアレンジされ醸造されたストロングセゾンのビールですね。ホップはモテュエカのみでライムっぽさの柑橘は良かったものの、どうも飲み込んだ後にくる…多分今回使用された酵母!?の独特な感じがビアっぷるには苦手な印象でした。しかし、これでアルコール度数7.0%…かなり飲みやすく、褒め言葉ですがセゾン好きの方であればある種飲み過ぎて自爆しそうな危険なビールとも思いました(^_^;)

ビール画像もおしゃれ!

どんなビールを飲んでもしっかりコンセプトがあり、説明して頂けてるサイトは素晴らしい。また、

京都醸造(大地の賜り物)_イメージ01

ビール画像にもボトルとビールだけではなく、敢えて王冠を手前にちょこんと置くだけで全体的なビール画像のバランスが非常に良いと思いました。1つ1つに拘りを持ち、それを続ける大変さがあるものの続けられてる事ってホント素晴らしい事、そして相手の事をしっかり考え相手に伝わる様に手間を惜しまないやり方も素晴らしいしとても好感が持てます。今後も魅力そうなビールがあれば、ビアっぷるは是非飲みたいと思うブルワリーさんの1つでした( ´∀`)

はい、という事で京都府は京都市にある『kyoto brewing(京都醸造)』さんより、「大地の賜り物(Gift Of The Fields)」をご紹介しました。シングルホップのセゾンビール、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る