【東京】Snark Liquidworks(スナーク リキッドワークス):「4.5bit」を樽で飲んでみました~

スナーク リキッドワークス(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京は池袋にある『Snark Liquidworks(スナーク リキッドワークス)』さんから、「4.5bit」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。このブログでは初登場のブルワリーさんですが、存在は知ってたが飲める機会がなかったが飲めたのは超ラッキー☆。ただ、新たなブルワリーさんは既にハードルが上がってしまう時代だと思ってるビアっぷるで、どんな感じに仕上がってるのか興味があり楽しみです( ´∀`)

ビール名:4.5bit
ブルワリー名:Snark Liquidworks(スナーク リキッドワークス)
スタイル:セッションペールエール
アルコール度数:4.5%
IBU:???
URL:Snark Liquidworks(スナーク リキッドワークス)
facebook:Snark Liquidworks(スナーク リキッドワークス)

コチラが「4.5bit」のビール画像です。すいません、グラスから後ろにある物が透けてしまってますがこれはご愛嬌という事で^^;

スナーク リキッドワークス(4.5bit)

見た目は、クリアで綺麗な黄金色でした。
香りは、グレープフルーツの柑橘系の感じが立っていましたね。
飲み口は、ホップの苦味は持続しないが感じるなぁ…という程度。求めてる甘さはなく、グレープフルーツ感のフレーバーは残るものの薄めでコクは感じれないかな。ビアっぷる的にはアルコール度数4.5%との事でアルコールの入ったグレープフルーツジュース?に感じるのは気の所為かな?ビールとして特徴をあまり感じず初飲みだったが記憶に残りにくいと思ったビール。ボディはライトでスッキリとグビグビ系で飲みやすいとは思うが、残念ながら好みではありませんでした(^_^;)

この「4.5bit」ですが、ホップやIBU等の詳細はサイトなども含め記載されてないようですね。という事でほとんど書けてなく恐縮ですが、このビールの話はここまでって感じにさせてくださいませ(^_^;)

ここからは『Snark Liquidworks(スナーク リキッドワークス)』さんの事を分かる限り。醸造免許は発泡酒免許で昨年2019年2月に取得され東京は池袋で現在ブルーパブを営業されてる様です。今回ビアっぷるは初飲みでしたがビア仲間から噂で聞いてたのは、
・東京は代々木のウォーターリングホールさんで経営に携わってた
・ホームブルーイングの経験がある方
という事。経営に携わる経験もありながら自身でビールを造れる知識があるのは素晴らしい事ですね。そんな方が開業されてたとあれば新規ブルワリーさんでもビールの期待度は必然的に上がってしまいますよねwww。また、アメリカでホームブルーイングの受賞経験がある中でどんなビールを造るかな?と思ってますが、やはりホップが効いてるアメリカン系を主体に醸造されてるのかな?ビアっぷる的に苦味は得意ではないので、あるならやはり“ニューイングランドIPA”を飲んでみたいなぁ(^_^;)

で、気になったのは外販で見かけた事がなかったブルワリーさんだが今回外販されてるのはたまたまなのかな?それとも大々的に外販をする事になったのだろうか?どんな理由かはわからないが、自身のブルーパブでハケてそうな感じのブルワリーさんにも思えるだけに何か不思議^^;

ただ、今や海外から日本へ来て立ち上げるブルワリーさんや経験が浅くてもセンスがあるブルワリーさん、既に技術を持ってるというブルワリーさんと様々だが、ビール技術は最低限あって当たり前の時代になってる気がする。そんな中ではやはり尖ったビールがどうしても目立っている気がするだけに、今回のセッションペールエールはビールバランス自体は綺麗でもインパクトに欠けると思ってしまいました。ビール説明があれば色々と判断しやすいのですが見つけきれなかったので恐縮だが、敢えてグビグビ系でドリンカビリティという事で醸造されてるかもしれませんので一概には言えませんがそうだったら申し訳ありません。。。

まぁ、開業から約1年過ぎようという頃で見かけたという事は自身のブルーパブで売り切れてる感じなんでしょうね。造りたいビールを造っても結果的に売れなければ意味がないというシビアな世界だけに大変ですが、やり方はどうであれブランディングが必要な時代ですから何か特徴があると覚えやすいなぁ~?って、
あ!

スナーク リキッドワークス(ロゴ1)

このロゴは色合いと形にインパクトありますよね!ロゴはブルワリーさんの顔でもありますし凄く大切ですからね。また、

スナーク リキッドワークス(4.5bit)_イメージ1

ビールの画像、そして画質がめちゃくちゃキレイでグラスの文字もバランス的に素晴らしい。。カメラ(写真)に拘りがあるのかこのバックを敢えてぼやかしてると思うのですが、素晴らしいセンスですね!この画像はとても好みですね~♪カメラマニアさんには当たり前と言われたらそれまでですが、ビアっぷるの素人目には素晴らしく思える画像でした( ´∀`)

はい、という事で今回は東京は池袋にありビアっぷるが初飲みとなった『Snark Liquidworks(スナーク リキッドワークス)』さんから「4.5bit」をご紹介しました。舌は十人十色です。必ず自身の舌で判断するようにしてくださいね、そして皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいませ~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る