【神奈川】南横浜ビール研究所:「サマーIPA」を樽で飲んでみました~

南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビール研究所』さんから、限定醸造の「Summer IPA(サマーIPA)」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。シンプルなIPA…という事で合わない気もしなくないが、ビールは飲んでみないとわからない。という事で、それならばとTRYです!www( ´∀`)

『南横浜ビール研究所』Summer IPA(サマーIPA) 詳細

ビール名:Summer IPA(サマーIPA)
ブルワリー名:南横浜ビール研究所
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:4.8%
IBU:40.5
URL:南横浜ビール研究所
facebook:南横浜ビール研究所

コチラがその「Summer IPA(サマーIPA)」のビール画像です。

南横浜ビール研究所(サマーIPA)_01

Summer IPA(サマーIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、ややクリアーなゴールドという感じでしょうか。
香りは、柑橘系のホップ感がウヨウヨと…www
飲み口は、ホップの苦味は控えめで意外にも持続性はないかな。また求めてる甘さはなく、このグラッシーとは言わないが独特な感じは何だろうか?表現ができないがホップの味は間違いなさそうでかなり苦手な感じ。ボディはライトでキレのある感じが、ホップ好きにはたまらないだろうが残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

ホップ好きにはたまらないIPAでしょう

この「Summer IPA(サマーIPA)」ですが、ホップはCRYOシトラ、シムコー、そしてネルソンソーヴィンさんの3種の爽やかなホップを効かせたシンプルIPAという感じでしょうか。なるほど…これ多分ネルソンソーヴィンがビアっぷる的に独特に感じた味だと思います。人の舌は十人十色で好みは人それぞれだが残念ながら全くゴクゴクいけないビールで、やはりビアっぷるはIBUが低くてもホップを全面に出されてしまうと苦手なのかな…ただ、これホップ好きにはしっかりホップの香りが立っており味も出ているし、ファンは凄く多そうなビールとは思いました(^_^;)

ホップが同じものが多い!?

たまたま偶然にボアラボさんで提供中のビールメニューを見たが、最近のビールにはネルソンソーヴィンやシムコーばかり使われている。もちろん限られたホップで、そして限られたコストで多種のビアスタイルを醸造される事は素晴らしい事だが、ビアっぷるの様なネルソンソーヴィンに敏感な人には味が偏りそうで…もっとレパートリーが欲しいな!という我儘を言ってみましたwww。というのも、良い意味でヘッドブルワーさんはビール変態さんなので多種なホップを使い、徹底的に追求されたビールを色んなビアスタイルのビールを飲みたいからという理由ですので…悪しからず^^;

はい、という事で今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビール研究所』さんから、「Summer IPA(サマーIPA)」をご紹介しました。変態が造ったシンプルなIPAですが苦味が控えめもホップの良さを最大限に生かされたビールと思います。皆さんも機会があれば是非一度飲んでみて欲しいですね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る